犬にノミが寄生した時の対処と駆除!!

この記事は4分で読めます

image

ダニ同様、ノミも犬たちにとっては危険な害虫です。

 

また、飼い主の方にとっても危険だと言えます。

 

なかなか駆除しにくいノミが、寄生した時の対処法と、

また駆除方法について、書いてみました。

 

 

 

ノミの寄生は防げるのか?

image

 

 

ノミは、ペットが発する熱や、二酸化炭素を感知してすばやく飛びついてきます。

 

たとえ洋服を着せていても、ペットの足や顔から毛の奥に入り込み、

皮膚の柔らかいところやペットの口が届きにくい背中などに移動してしまうので、

彼らの寄生を完全にシャットアウトすることは難しいです。

 

 

また、

 

「うちの子はほとんど外に出さないから大丈夫」

 

という声もよく聞きますが、お散歩など外でノミをもらってきてしまうよりも、

実は室内でノミが寄生する可能性の方が高いことが最近になって知られてきました。

 

 

また、

 

「うちの子は、こまめにノミ取りシャンプーしているから大丈夫」

 

という方もいます。

 

 

シャンプーはとても大事です。

でも寄生を防ぐことはできません。

 

ノミは毛の根元で逃げ回っています。

シャンプーをしていても洗いにくい頭部などに逃げてしまい、

完全に駆除するのはとても困難です。

 

 

また、シャンプーを毎日することは難しいです。

 

もし、毎日行うことができたとしても今度は皮脂を取りすぎてしまうために、

皮膚や被毛のほうが痛んできてしまいます。

 

それに、

シャンプーのノミ駆除の効果は、その場限りです。

駆除成分は皮膚にずっと残るわけではないのです。

 

 

 

ノミに刺された場合の一番良い対処法は?!

image

 

「ノミがいたら、つぶせばいい」

 

なんてことも耳にしますが、

ノミはとてもすばしっこく、捕まえるのはとても大変です。

 

 

それにノミの体内には「条虫」という寄生虫の幼虫が入っていることがあり、

つぶすことで爪についた幼虫を人間が口にしてしまい、

人にも寄生してしまう危険があるので手でつぶすことは、くれぐれも避けて下さい。

 

 

また。ノミに刺された場合には、市販の薬では、効果が無いことがほとんどです。

 

すぐに病院に行って、ノミに刺された可能性が高いことを伝えましょう。

 

 

実際にノミに噛まれた場合、何もしないとひどくなる一方です。

 

ノミに刺された跡を残さない為にも、

一刻もはやく病院に行って薬を処方してもらうのが一番です。

 

犬がかゆさを抑えきれずにいる場合には水や氷などで冷やしてかゆみを抑えてあげながら、

できるだけ早く病院へ行きましょう。

 

 

 

ノミの再寄生

 

 

ノミを駆除したはずなのに、またついてしまう。

というのも、よくあることです。

 

再寄生は駆除に関係なく起こります。

 

あらかじめノミ駆除剤を投与していても、

ノミ駆除剤にはノミが付かないようにする忌避効果はないので

ノミのいる環境での再寄生を防ぐことはできません。

 

 

寒くなってきてノミが目に付かなくなると、予防対策をやめてしまいがちです。

 

確かに夏に比べて冬場はノミの数が少ないかもしれません。

 

 

しかし、アレルギー体質の犬はたとえ一匹の寄生でも

ひどい皮膚炎になってしまう可能性があります。

 

 

ですから、

ノミ対策は1年を通して行うことがとても大切です。

 

 

暖かくなるのを待っているノミの卵や幼虫たちは、

温度や湿度が最適な夏の時期は2〜3週間でライフサイクルを繰り返します。

 

寒くなるとそのサイクルは何倍にも長くなりますが、

卵や幼虫、サナギの状態でカーペットの下や

畳の隙間などでじっと暖かくなるのを待っています。

 

 

そして適温になったところで成虫になり、犬に一斉に寄生しはじめるのです。

そうさせないために、冬でも対策が必要です。

 

 

また、冬でもノミの被害は確認されています。

 

あるデータでは、真冬に動物病院に来院した犬を調べてみると、

犬の10頭に1頭の割合でノミの被害があることがわかっています。

 

この数だけを見ても多いと感じますが、

これは動物病院に来院した犬を対象に調べた結果です。

 

実際にはもっと多くの家庭内でノミが繁殖し

犬が真冬にもノミの被害にあっていると考えられます。

 

 

 

私達にとって快適な暖房の効いた室内では、

たとえ真冬でもノミにとっても快適な春や夏のようで、

十分増殖することができると言うことです。

 

 

そのことを十分理解し寄生や再寄生をできるかぎり防ぎましょう。

 

 

 

ノミの成虫を駆除しただけでは、ノミ対策は終わらない!

image

 

 

気温が13度以上であれば、

夏冬には関係なく卵から成虫までのノミのライフサイクルが

繰りかえされてしまうことは話しました。

 

 

ですが、特に夏には、そのライフサイクルは約2週間という速さでまわるため、

あっという間に大量のノミが発生します。

 

冬場、サナギの形で春まで越冬すし、

暖かくなるとそれらのノミが次々に再寄生しはじめ、

ノミの被害にあいやすいのです。

 

 

つまり、

ノミは成虫を駆除しただけでは完璧だとは言えません。

 

すでにいるノミの子供たちが次々と成虫となりペットに再寄生するからです。

実際、大半は卵の状態です。

目に見える大人のノミは約5%に過ぎず、50%以上が卵の状態、残りの45%が幼虫かさなぎの状態なのです。

 

 

つまり退治したノミは5%だけ。

 

1匹見つけたら20倍は隠れていると思って下さい。

ノミの卵や幼虫の弱点は乾燥です。

 

冬にノミが減る理由です。

 

 

ですから、

愛犬の寝床近くに除湿機を置いてあげるだけでも繁殖を防止することが出来ます。

病院の薬による駆除も有効ではありますが、卵の除去までは出来ません。

 

1番の方法は、バルサンなどで卵まで、徹底駆除することです。

 

 

 

まとめ

 

 

結論としては、

 

⚫︎卵のふ化を阻止する事

⚫︎乾燥させる事

 

この2つが駆除に重要です。

 

 

また、

シダー、シダーウッド(針葉樹)から取れるオイル、

シダーオイルの香りはノミが苦手な成分が含まれています。

 

この香りが付いている間、ノミは産卵しなくなります。

繁殖力が低下するので効果的な予防が可能です。

 

 

但し、アレルギーを持つ犬もいるので注意して下さい。

 

また、こまめな掃除は必須です。

愛犬をノミから守るために、

掃除は怠らないようにして下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。