犬の歯磨きにガムを使ってみよう!

この記事は4分で読めます

image

人間同様、犬のオーラルケアの大切さはよくわかっていても、
愛犬が口を触られるのが苦手だったりして、
歯みがきをあきらめている飼い主の方も多いのではないでしょうか。

 

我が家は、日頃の歯磨きに加え、歯磨きガムを毎日与えています。

 

 

歯周病が、犬の口のトラブルで最も多い傾向があり、人と同様に

犬も歯周病に悩まされるケースが増えています。

 

そのせいか、オーラルケアグッズも様々なものがあります。

口の健康は日々のオーラルケアによって守られます。

 

愛犬の習慣として何もしていないという方は、はじめてみませんか?

 

 

 

ガムの選び方

 

 

オーラルケアを意識してガムを選ぶとするなら、以下のようなものがお勧めです。

 

 

硬過ぎないもの

 

硬いほうが歯垢が取れやすいと思われがちですが、実は犬は噛む力は強くても、

歯自体は意外ともろいんです。

あまり硬いと、歯の表面が磨り減ったり、最悪には歯が折れたりします。

 

 

 

なるべく歯と歯の隙間に密着できる形状のもの

 

 

歯垢などは隙間にたまりやすいですから、隙間ケアが大切です。

繊維質のものが効果的です。

 

 

 

嗜好性がよいもの

 

 

美味しくなければ見向きもしてくれません。

それでは意味がないです。

 

 

 

犬の大きさにあったもの

 

 

ガムは大きすぎると口内を傷つけかねませんし、丸飲みして消化管に詰まる可能性もあります。

愛犬の口のサイズに合うものを選びましょう。

私のおすすめをご紹介します。

image

ビルバックのベジタルチュウ

我が家では幼い頃より、基本的にビルバックのベジタルチュウを与えています。

硬すぎず、柔らかすぎず、ほどよい硬さです。

植物由来の成分が使用してありますので、繊維質も多くて良いですね。

image

グリニーズ

食欲旺盛で普段の餌も早い犬にはすぐに飲み込めないグリニーズがおすすめです。

いろんな種類がありますが、

カロリーオフがおすすめです。

 

 

 

ガムの与え方

image

 

 

犬にガムを1本そのまま与えると、大体が、

噛まずにあっと言うまに丸飲みしてしまいます。

 

これでは、ガムの効果は発揮できません。

 

飼い主の方が手に持って、愛犬にしっかり噛ませるのが正しい与え方です。

 

特に上顎の第4前臼歯と、下顎の第1後臼歯は、

モノを噛み切る時に使う重要な歯です。

 

 

第4前臼歯とは上顎の奥にある大きな歯で、

その先端のへこんだ谷間は、非常に歯石がつきやすいところです。

 

その辺りを狙って与えましょう。

 

 

 

また、おやつ感覚で、たまにガムを与える飼い主の方も多いのですが、

それではオーラルケアとしての効果はあまり期待できません。

 

犬は歯垢が歯石になるスピードが速く、人が25日に対し、3~5日と言われています。

 

しかも高齢になればなるほど早まっていきます。

 

できれば

毎日の習慣にし、ガムはある程度時間をかけて噛ませることが効果的です。

 

 

 

歯磨きガムのメリットと注意点

image

 

 

歯磨きガムは普段餌を早食いしてしまう犬でも

噛む時間を要するため、よく噛むことで歯垢が取れる

というのがもっとも知られているメリットです。

 

 

また、歯磨きが苦手な犬も多く、

お家ではなかなか日々のケアが難しいという飼い主の方にとっては歯磨きガムは、

犬も楽しく、飼い主の方も安心して与えられる点もメリットですね。

 

我が家では、日々の歯磨きと合わせて毎日の歯磨きガムは欠かせません。

 

 

うちの子は歯磨きガムがとても好きなので、

歯磨きガムが出てくるととても喜び、自らゲージに入ります。

(基本的に我が家ではゲージ内で与えています。)

 

 

あなたも、無理強いせずに与え、ガム好きになってくれるようにしましょう。

 

注意点としては、歯磨きガムの種類によって異なるのですが、ほとんどの歯磨きガムは、

幼犬にはあげてはいけないことが多いと思います。

 

それぞれの歯磨きガムによって、

食べさせて良い月齢は異なると思いますが、

購入する時にきちんと確認するように注意して下さい。

 

 

幼犬は、歯磨きガムを上手く消化出来ずに、お腹を壊してしまうことが多いです。

 

最近は、歯磨きガムでも食べやすいものもあり、

犬が勢いよく食べることで丸呑みして危険なことも沢山あります。

 

 

ですから、飼い主の方が、ちゃんとどのガムが良いか見極める必要があります。

 

 

 

まとめ

 

 

歯磨きガムでも歯垢は除去できますが、やはり補助的なものです。

 

犬の歯垢を取るのに最も効果的なのは、歯磨きです。

幼い頃より、まずは歯磨きの習慣をつけてあげるのが一番です。

 

我が家でも、基本的には歯磨きをメインに、そしてご褒美も兼ねて歯磨きガムを与えたりもします。

歯周病は歯垢の中や歯周ポケットの中に潜む細菌が原因です。

 

これを放っておくと石灰化して硬い歯石になり、口臭も気になるようになります。

 

 

次第に歯肉に炎症が起きたり、

ひどいときには歯が抜けてしまうこともあります。

 

歯周病は歯を失うだけでなく、

治療が遅れてしまうと口の中の細菌が血液にのって全身をめぐります。

 

腎臓、心臓、肝臓などに到達し、内臓疾患を発症することもあるのです。

 

歯磨きの大切さわかって頂けましたか?

愛犬には、注意点を加味しつつ、少なくとも歯磨きガムは、必ず与えてあげて下さいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。