犬の躾の本選び!私のお勧めを紹介!

この記事は3分で読めます

image

犬を飼い始めた方なら誰しも一度は躾の本を買ってみようと、

本屋さんで手にした方が多いと思います。

 

あなたは躾の本を読まれたことがありますか?

 

 

躾の本と、ひとことで言っても、

種類がたくさんあります。

 

そんな躾の本について書いてみました。

 

 

 

はじめて犬を飼う方に

image

 

 

はじめて犬を飼う方は、まずきちんと躾の知識を身につけて頂きたいですね。

 

そんな時に活躍するのが、躾の本です。

 

 

訓練所などに任せずに本を見ながら、

自分自身で躾けていく方が愛情がわくことは、間違いないです。

 

本で躾ける場合に、まず悩むのは

 

「どの本を選べは良いのか?」

 

ということですね。

 

 

何せ、あらゆる躾の本がありますから迷われることと思います。

一概にどんな本が良いか、とは言いにくいのが事実です。

 

「本の通りにやってみても、うまくいかなかったのは、本が失敗だったのかな?」

 

と、考えてしまいがちですが、

そうとは言い切れません。

 

単純に飼っている犬には、合わなかっただけということもあるのです。

 

選び方の目安としては、

犬種別、月齢別、などにあわせて選ぶのも良いですね。

 

 

また、著者が

「訓練士」「何処かの協会の認定トレーナー」であれば、

経験が生かされていて、良いのではないかと思います。

 

 

 

おすすめ躾の本の著者

 

 

まず、私がおすすめしたいのは、

藤井聡さんの躾の本です。

 

彼は、日本一のカリスマ訓練士として、

メディアにもよく出演されていて、ご存知の方も少なくはないと思います。

 

 

 

image

 

 

 

お父様が警察犬の訓練士をされていらっしゃったこともあり、

子供の頃から、犬の訓練について間近で見ながら育たれて、

今や訓練や躾に関しては第一人者の方です。

 

著書もかなりたくさんありますが、中でも私が個人的におすすめしたいのは、

「しつけの仕方で犬はどんどん賢くなる」

 

image

 

ですね。

 

困った癖は生まれつきではない!

 

という藤井聡さんの考え方にとても共感します。

 

 

 

次におすすめは、

ヴィベケ・リーセさんの躾の本です。

 

彼女は神ワザ的な技術で世界的に有名なドッグトレーナーであり、

動物行動学のスペシャリストです。

 

image

 

この方の著書も多数ありますが、ドックトレーナー向けのものが多いのですが、

 

「犬はしぐさで会話する」

 

は、数え切れないほどある躾の本の中でも、

シンプルで知らなければならない事がわかりやすく、

 

「専門家じゃないからこそ、きちんと犬をみてほしい」

 

という事に忠実な内容です。

 

 

他にもたくさんありますが、紹介しきれませんので、

特におすすめの躾本を紹介しました。

 

 

 

犬の躾の本だけに頼らない!

 

 

image

 

 

犬を飼っていく過程には、

お散歩中の引っ張り癖、飛びつき、無駄吠え、甘噛み、トイレのしつけなど、

いろんな悩みがありますが、

 

愛情を持って、時には厳しく根気よく、躾けていけば、必ず解消します。

 

一冊の躾の本で、うまくいかなくても、

「ダメじゃない」なんて、

投げ出さないでくださいね。

 

前にものべましたが、一冊きりでは、わかりません。

 

 

飼っている犬には、合わなかっただけということもあるのです。

 

また、本の通り忠実にしなくても、あなたの愛犬にあうように、

本はあくまでも参考にして、実際

臨機応変でよいのです。

 

 

うまくいかなければ、何冊か試してみて下さい。

きっとしっくりくる本と出会えるはずです。

 

 

 

まとめ

 

 

あなたがしつけ本や雑誌を読んでも、

うまくしつけができない理由には、いろいろな理由があります。

 

 

⚫︎本を読んだけれども、内容を忘れてしまった。

⚫︎本を読んだけれども、実践していない。

⚫︎著者の言いたいことと、読者の受け取り方が違う(内容が伝わっていない)。

 

他にもいろいろな理由が考えられますが、

これらだけを見てもしつけができないことはわかります。

 

 

また、まずは、

主従関係の確立が大切です。

 

それさえ出来れば、しつけは、さほど難しくなくなります。

 

 

ちゃんと出来れば

褒めてあげることも、忘れないで下さいね。

あなたの愛犬に、ぴったりな躾本に出会えることを願います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。