犬のしつけの中でも重要な仰向けの重要性を解説!

この記事は3分で読めます

image

犬は警戒心の強い生き物です。

お腹は毛が薄く、皮膚も柔らかいので、

攻撃されたら困る部位としてなかなか見せない箇所です。

 

 

でも仰向けでお腹を見せる事を教えるのはとても大切なことです。

 

仰向けにさせ、飼い主がリーダーであることを誇示することで、

言うことを聞くようになります。

 

そこで、仰向けのしつけについて書いてみました。

 

 

 

仰向けのしつけ方

image

いきなり仰向けをさせても、

犬は今まで取ったことのない無理なポーズに驚いてしまい、

仰向けにはなりません。

 

仰向けにするしつけは、

側頭部や背中に手を当てて、

仰向けのポーズを教えてあげることから始めます。

 

その時、暴れたり、噛まれたりすることを避けるために、

どちらか一方の手で、前足を押さえるようにします。

 

「動きを封じ込める」と表現したほう分かりやすいでしょうか。

 

前足の動きを封じることで、

反動で起き上がろうとする行為を押さえることができます。

 

そして、ほんの少しでも仰向けになることができたら、

「いい子」(言葉は、自由ですが家族みんな統一して下さい)などと

褒めてあげましょう。

 

 

仰向けになるトレーニングを重ねることで、仰向けになると、

 

「飼い主が喜んでくれて、褒められるんだ」

 

と犬は認識し、学んでいきます。

 

 

普段から抱っこをされることが大好きな犬の場合には、

抱っこのポーズから仰向けのポーズへ誘うのが、良いですね。

 

飼い主の膝の上で仰向けのポーズを教えれば、

飼い主のぬくもりを感じることができるので、安心してポーズを覚えてくれます。

 

 

 

このしつけの目標は、

仰向けの状態でお腹を撫でることを許して、リラックスできるようになることです。

 

 

 

仰向けのしつけのメリット

image

 

 

仰向けになる事を覚えさせる事は、

飼い主がリーダーだと認識させる

 

つまり、

主従関係を覚えさせることの他に、

お腹まわりや足の側面の病気を早期発見できるというメリットもあります。

 

 

犬は普段、四足で歩いていたり、伏せのポーズをしているので、

お腹周りや脇の下、足の側面は、異常が発見しにくい部位です。

 

 

皮膚炎が起きていたり、腫瘍による異物や膨らみが出来ていても、

これらの部分では発見が難しく、重症化してから気が付くことが多いようです。

 

犬の健康管理のためにもぜひ仰向けのポーズを覚えさせましょう。

 

 

 

仰向けのしつけの注意点

image

 

 

子犬の場合は、仰向けになりながら甘噛みをするときがあります。

 

これは、飼い主への完全なる

甘えのしぐさです。

 

 

かわいい行動でもありますが、

甘噛みを許してはいけません。

 

 

飼い主をリーダーと見ることができなくなり、

同等もしくは自分のほうが上だと勘違いしてしまいます。

 

また、必ず注意しなければいけないのは、

犬を絶対に逃がさない!ということです。

 

 

犬を逃がしてしまうと子犬の甘噛み同様、

自分の方が上!!と勘違いします。

 

 

 

また、暴れたら「ダメ!」などと厳しくしかりますが、

この時に重要なのが、

絶対に名前を呼ばないということです。

 

 

犬が自分の名前をしかられる時に聞くと、

今後名前を呼ばれた時に、

 

「しかられているの?」

 

と困惑してしまいます。

 

警戒心の強い犬は仰向きになることを特にさけたがります。

 

警戒心の強い犬の場合には、

犬の背後から覆いかぶさり、

落ち着いたら褒めてあげるという

ホールドスチールが十分に出来るようになってから、仰向きのしつけへ

とうつりましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

野生の場合は、仰向けになることでリーダーへの信頼と服従を示したり、

犬同士の喧嘩で、降参、負けを認める行為とされています。

 

家庭で飼われている場合には、

飼い主の方との信頼関係や主従関係で仰向けになります。

 

しつけなくても、自然に仰向けになる犬もいます。

 

仰向けになって、お気に入りのおもちゃに体をこすりつけるかのように動いたり、

背中がかゆいみたいに、床やカーペットに体をこすり付けたり、

仰向けになって足をバタバタ動かしたり。

 

 

犬が、このような行動をすることはありませんか?

 

 

それは犬自身が仰向けになりながらおもちゃで遊ぶ楽しさ、

飼い主のそばでリラックスしている心地よさを体いっぱいで表現しているのです。

 

無防備に仰向けになる愛犬の姿を見ると、

守ってあげたいという気持ちが新たになりますよね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。