犬の赤ちゃんが噛むのにはこんな理由が?!

この記事は3分で読めます

image

家族の一員として子犬を飼い始めた時に、まずほとんどの方がその日から、戸惑い、悩まされるのは
「子犬の噛みグセ」
だと言っても良いと思います。

遊んでいるときなどに子犬が飼い主の手などに噛みつくことは、一般的に「甘噛み」と呼ばれています。
そもそもなぜ子犬は「噛みグセ」が多いのでしょうか。

その場合別に対処法などをまとめてみました。

 

[mokuji_78]

 

構って欲しい時の甘噛みは?

image

多頭飼いを始めた方ならよく目する光景として、子犬同士で遊んでいるときなどに、相手を噛んだりしていることがあります。

それはただ、

じゃれあっているだけで、本気で噛み合っているわけではありません。

あくまでも、浅くしか噛んではいません。

 

一頭飼いなら、子犬は飼い主に相手をしてほしかったり、かまってほしいときに、手などを浅く噛みにきます。
痛いほど噛むことはあまりありません。
手にじゃれに来ているだけです。

 

それらがに「甘噛み」という行為です。

 

甘噛みだからと言っても、早いうちに対処が必要です。

でも、に「甘噛み」に対してはすぐに叱ることはあまり良いことではありません。

 

まずは「無視」をしましょう。

 

決して手を動かしたりして、一緒になって遊んではいけません。

 

“手を噛んでも遊んではもらえないんだ”ということを認識させなければいけません。

無視をする時間も、短すぎては覚えてはくれませんし、長すぎてもかえってじゃれることを助長させてしまいます。

だいたい5分〜10分くらいが適当だと思います。

 

無視することは、拒否されていることですから、ほとんどの犬種に有効なことです。

 

 

甘噛みがエスカレートしてしまった時は?

image

甘噛みグセが治らずに、ほっておくと、最初のうちはただじゃれているだけのようでも、

 

だんだんエスカレートしてくると、痛いほど強く噛んだりする場合も出てきます。

 

そんな時には、子犬の目をきちんと見て、嫌そうな顔をしながら、少し大袈裟なくらいに

 

『痛い‼︎』と声を出しましょう。

 

こういった行為は“人には痛いんだ”、”人に不快感を与えてしまうんだ”ということを自ら覚えさせるためには、有効なことです。

「子犬の頃からしっかりと叱らないと、成犬になったとき困るので、子犬のうちにしっかり叱ってしつけましょう」などど書かれたしつけ本などもあります。

でも甘噛みがエスカレートした子犬を、頭ごなしに叱ることはお薦めできません。

人の手を噛むのは、遊びの延長で興奮しすぎたための場合がほとんどです。
噛みついたからと言ってきつく叱ったりすると、そのうちに唸りながらさらに強く噛むようになってしまいます。

 

 

家具や柱を噛み始めた時は?

image

子犬の歯は、4~5か月齢から、7~8か月齢ぐらいにかけて永久歯に生え変わります。

そのときにむず痒くなり、目についたものを噛むようになるのだという説があります。

それは「甘噛み」とは違います。

 

むず痒い時には硬くて噛みごたえがあるものを噛むのが一般的です。

テーブルの脚や柱などを噛んでしまう子犬も少なくはありません。

そういった行動が出始めても、決して身体を叩いたりしないで下さい。

 

まず、マズル(鼻先きから口にかけて)をしっかり掴みガミガミではなく、あくまでも諭すように短く、

『ダメ‼︎』あるいは

『ノー‼︎』などと怒った顔で言いましょう。

 

そして噛んでも良いおもちゃなどを与えましょう。

 

絶対とは言えませんが、こういった子犬の噛みグセは、歯が生え変わり終えてしばらくの間までには、治るはずです。

 

 

まとめ

噛みグセが長引く場合は、恐怖心や、警戒心がある場合です。

 

臆病な性格の犬に多く見受けられるケースで、知らない人に身体を触られたりすると、その相手に噛みついたりします。

 

また、飼い主に対して噛みついたりする場合は、服従心がちゃんと養われていない場合です。

 

そして、環境によるストレスが原因となることもあります。

子犬は生後、しっかり歩けるようになって活発に動き回り始めると、さまざまなことを学習して、脳が発達しはじめます。

そのためには多様な刺激が必要です。
いろんな体験をすることで、子犬は周りとのかかわり方を学んでいきます。

 

豊かな環境で心も体も健やかに暮らしている子犬は、遊びながら歩き回り、満足してよく寝ます。

 

ところが、刺激が少ない環境に置かれていると、好奇心を満たすことができずに、退屈しストレスとなります。

留守番ばかりでゲージに入れっぱなしだったりすると起きやすいケースです。

仕方なく留守番が多い場合には、

 

散歩をたくさんしてあげましょう。

 

関連記事:
待ちに待った犬の散歩デビュー、さていつから?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。