犬のヘルニアにかかる治療費は高いと50万円もする?!

この記事は3分で読めます

image

ペットフードの充実から餌を与えすぎてしまい、肥満になる犬が増えている昨今。

 

ヘルニアを発症する犬は急増してきました。

 

特に椎間板ヘルニアは聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?

 

 

人気があるダックスフントは、

特にかかりやすい病です。

 

治療方法には絶対安静と投薬による内科療法外科的手術

また鍼治療などがあります。

 

そんな椎間板ヘルニアにかかってくる費用について、書いてみました。

 

 

 

内科治療費は?

image

内科治療はよっぽどの早期発見でない限りはあまり行われない治療法ですが、

獣医師さんによっては内科治療でまず、様子を見てからという場合もあると聞きます。

 

 

内科治療にかかる費用は、

それほど驚くものではありません。

 

 

まず最初の診察時に初診なら初診料が約1200円かかります。

 

あとは椎間板ヘルニアの診察代としては、目安ですが、一回につき

 

⚫︎小型犬 2,500円

 

⚫︎中型犬 3,000円

 

⚫︎大型犬 4,000円

 

⚫︎特大犬 4,500円

 

くらいです。

 

 

ただ、最初に、検査を行いますので、

レントゲンなら約5,000円

 

CTが3万円〜8万円程度かかってきます。

 

 

そして、内服薬代は3,000円〜1万3,000円(病院や薬の種類、量により異なります)

 

 

また、内科治療には、安静が必要です。

 

自宅ではなく安静入院となると、入院代が、1日5,000円前後

(病院により異なります)かかります。

 

 

内科治療で、治る見込みは少ないですから、

これだけかかるなら、はじめから外科治療法を選択したほうが良いと個人的には、思います。

 

 

 

外科治療費は?

image

外科治療法の場合は、手術と入院が必ず伴います。

 

費用は、動物病院によっても大きく異なるようですが、約20~50万円程度です。

 

医療体制の整った高度な治療が受けられる施設では、

治療費も高額になる傾向があります。

 

費用にはCTスキャンなどの手術前検査料、手術料、麻酔料、入院料(約1週間分)、

薬剤料などに加えて、オーダーメイドのコルセット代が含まれるのが一般的です。

 

 

image

 

トラブルを避けるためにも、費用の内訳は事前に確認しておくべきですね。

施設によっては別料金で術後のリハビリを受けられる場合もあります。

 

その場合にはその費用もまた、かかってきます。

 

 

また、退院後の通院が伴いますと、またその費用も考えておかなければいけません。

 

 

 

鍼治療費用は?

image

最近では東洋医学を取り入れた治療を行う獣医師もいます。

 

それは、鍼治療です。

症状によりかなりの改善が期待されています。

 

 

鍼治療は、1回の費用はかさみませんが、

症状により長期間通う必要がある場合がありますから、

10万円前後だと思っていて良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

この通り愛犬が椎間板ヘルニアに限らず、病気を患った時には、

かなりの費用を要します。

 

そんな時に頼れるのは前にも述べましたが、ペット保険です。

 

 

ペット保険は、

継続的な診察や薬の処方などに対しても、補償を受ける事が出来ます。

 

 

健康診断、予防接種といった予防的な受診以外の場合は幅広く補償の対象になりますので、

是非備えておくことをオススメします。

 

保険会社とかかりつけの動物病院が提携していれば、

当日窓口で治療費を支払う際に、

既に補償分が減額されて請求されるため、一時的な負担もありません。

 

 

かかりつけの病院が決まっている方は、

是非動物病院の保険加入を視野に入れてください。

 

 

 

また、かかりつけの病院が保険会社と提携していない場合でも、

一時的に全額負担することにはなりますが、必ず補償分は返金されますので安心です。

 

それよりも、何よりも、

まずは愛犬とのスキンシップが大切ですね。

 

怠ることなく、病気の早期発見ができるように、

して頂くことが、飼い主の大切なつとめだと、心がけていて下さい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。