犬のワクチン接種の間隔の見直しを提案!!

この記事は4分で読めます

image

今の日本の現状ではほとんどの動物病院で

 

1年に1回のワクチン接種を勧めています。

 

これは、今までの常識でした。

 

 

でも、この1年に1回のワクチン接種が見直されていることを知っていますか?

 

 

アメリカでも1年に1回のワクチンは最近では行なわれないようになりました。

 

日本でも獣医さんによっては

1年に1回のワクチン接種を廃止している方も増えています。

 

では、

ワクチン接種の間隔について、

お話しましょう。

 

 

 

毎年接種すべきワクチン

image

 

狂犬病のワクチンは、

 

1年に1回接種することが法律により定められています。

 

 

 

ですから、狂犬病のワクチン接種は、毎年行う必要があります。

 

また、フィラリアのワクチンも、1年に1回接種すべきワクチンです。

 

蚊を媒介して発症するフィラリアは、犬にとって、命をも脅かす恐ろしい病気です。

 

蚊がではじめれば、室内飼いしかしていない犬でさえ、

蚊には刺されないという保証はありません。

 

 

ですから、フィラリアのワクチン接種も1年に1回必ず接種すべきワクチンです。

 

 

 

混合ワクチンの回数は?

 

 

私は犬の混合ワクチン接種は1年に1回接種することをあまりお薦めしません。

image

狂犬病のワクチン以外は任意です。

 

任意のワクチンは、必ずしも毎年必要なものではありません。

 

 

混合ワクチンは弊害もありますから、そこのところを良く考えるべきです。

 

 

もちろん、愛犬にワクチンを接種することはお薦めします。

 

 

 

ただ、過剰に接種することを見直していただきたいと思います。

 

なんども言うようですが、

以前は1年に1回接種することが日本の獣医師の中ではもちろん、

アメリカでも常識でした。

 

 

現在でも、世界中でさまざまな調査が行なわれていますが、

1年に1回のワクチンの追加接種への免疫学的な理由などは

存在しないのが実情のようです。

 

 

ワクチンとは希釈したウイルスを皮膚に注射して、

一時的に感染させ、免疫を作るというものです。

 

 

恐いウイルスから守るために必要なものだとは思います。

 

でも犬はワクチンによる抗体が、

人間より短いということが分かっていますが、

ワクチンを接種すると基本的に体の中の抗体は3年くらいは持続します。

 

 

 

ですから、毎年接種することは、あまり必要ないとも言えます。

 

ではなぜ愛犬家の方たちの多くが、

1年に1回愛犬にワクチンを接種しているのでしょうか?

 

 

ほとんどの動物病院からは、1回ワクチン接種を行えば、毎年、

 

「そろそろ、ワクチン接種の時期ですよ」

 

といったたぐいのハガキなどが届きます。

 

 

だから、1年に1回の接種は当然だと愛犬家の方も思ってしまうのでしょう。

 

 

 

混合ワクチン接種による弊害

image

 

基本的に混合ワクチンは種類が増えるほど危険性が高まります。

 

以前は2種や5種混合ワクチンが主流でしたが、

最近では9種などが一般的になりはじめています。

 

 

 

多くのウイルスを同時に一気に体内に入れて本当に安全だと思いますか?

 

ワクチンを過剰に接種することによって、愛犬の体調が悪くなることが多いのが現実です。

 

「病院で注射を接種してから愛犬の調子が悪くなった。」

 

というご経験をされた方も少なくはないでしょう。

 

 

中には、ワクチンショックといって、

予防接種をしたあと数分で死亡してしまう場合もあります。

 

 

 

また、ワクチン接種はホルモンバランスにも影響しますから、

アレルギーを引き起す原因にもなるのです。

 

 

また、近年、

皮膚病が増えているのは、

過剰なワクチン接種が原因ではないのかと言われています。

 

 

過剰なワクチン接種は内分泌系に影響を与え、

ワクチン接種によって期待される抗体を作りにくい体になることもあります。

 

 

最近、体内の代謝をコントロールする器官である

甲状腺の疾患が多くなっています。

 

甲状腺の機能が低下すると、

攻撃的になったりてんかんを発症しやすいと言われています。

 

 

この甲状腺の機能低下が過剰なワクチン接種によって引き起こされている

ということが、問題になっています。

 

 

 

まとめ

 

 

動物だということでただ単に接種するだけでいいワクチンから、

動物達の体のことも考えたワクチンプログラムへ変化しつつあります。

 

 

今の日本では1年に1回ワクチンを接種していないだけで、

その犬が病気を持っている犬のように扱われることが多いです。

 

 

 

でも、犬のワクチンの接種状況は

100頭いたら、80頭はワクチン接種をしていない犬なのです。

 

 

しかし、ワクチン接種をしていない8割の愛犬が

常に病気や伝染病にかかっているとは考えられません。

 

 

もろろん、ワクチン接種が必要ないといっているのではありません。

 

 

ワクチン接種は必要です。

 

 

ワクチン接種によって愛犬を死亡させる伝染病から守れます。

 

 

ただ、過剰に接種することは控えて頂きたいのです。

 

過剰なワクチン接種によって、体の機能が低下し、

毎年接種しているワクチンが効果を発揮せずに、

逆に健康を損なわせている可能性もあるということ

 

また、ワクチン接種をしているのに、

伝染病を発症してしまう愛犬も多いということ。

 

 

1年に1回の過剰接種で、

ワクチンを接種しても抗体が作れない体になってしまっているかもしれません。

 

いろんなことをふまえて、ワクチン接種の回数を決めて頂きたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。