犬のワクチンの種類と選び方はややこしい?!

この記事は4分で読めます

image

犬用のワクチンと一口に言っても、

単体のものから数種類を混合したものまでさまざまです。

 

動物病院などには、あれもこれも重要そうに書かれていますから、

本当のところはどのワクチンが愛犬には必要なのか、

見極めるのは難しいと思います。

 

 

なお、似たような名前でも

 

生ワクチン(生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもの)か、

 

不活性ワクチン(細菌やウイルスを殺し抵抗力(免疫)

 

 

をつくるのに必要な成分を取り出し毒性をなくして作ったもの)

といった違いや、メーカーによる多少の違いがありますから注意が必要です。

 

ここでは、ワクチンの種類などについてを紹介してみます。

 

 

 

必ず受けるべきワクチン

image

 

 

狂犬病予防注射に関しましては、法律で飼い主の義務として定められています。

 

犬を飼う者の責任として、年1回の狂犬病予防注射をきちんと受けましょう。

 

狂犬病予防注射は、『室内犬を含む生後91日以上の犬を所有していれば、

毎年1回4月から6月までに狂犬病予防注射を受けること』と法律で決められています。

 

狂犬病というのは、一度発症してしまうと、治療のできない怖い病気です。

 

 

また、人にもうつる病気です。

 

予防接種をすることで、感染を100%防ぐことはできませんが、

発症を防ぐことができます。

 

 

愛犬自身を守るのはもちろん、

家族やご近所の方々の安全を守るため、狂犬病予防接種は忘れずに行いましょう。

 

 

 

 

混合ワクチンの種類

image

 

 

通常は、一度の接種でいくつかの病気を予防できるように

ワクチンを混ぜ合わせてある混合ワクチンが主流です。

 

種類は以下の通りです。

 

 

 

2種混合生ワクチン

 

犬ジステンバー、犬バルボウィルスのワクチンです。

これはなぜか以降のワクチンとは入っているワクチンが違います。

 

 

他のは何種かにプラス何々、と数が増えるのですが、これは違います。

 

 

 

3種混合生ワクチン

 

 

犬ジステンバー、犬伝染性肝炎、犬アデノウィルス感染症のワクチンです。

どうせ打つならある程度の数の病気を予防したいと考える方も多いと思います。

 

そのせいかこちらは、あまり人気の無いワクチンのようです。

 

しかし、種類が少ないと言う事は予防が特に大事なものに限定してあるとも言えます。

 

 

 

4種混合生ワクチン

 

3種と犬バラインフルエンザ感染症のワクチンです。

4種混合ワクチンは、マイナーなワクチンです。

 

 

これに犬レプトスピラという感染症のワクチンも加えたもので、

実は4+1ですが、4種混合ワクチンと呼ばれています。

 

 

 

5種混合生ワクチン

 

4種と犬バルボウィルス感染症のワクチンです。

資料によると、飼い主さんの2割はこの5種混合ワクチンを選ぶようで、

2番人気です。

 

 

 

7種混合生ワクチン

 

5種と犬レプトスピラ感染症2種のワクチンです。

 

レプトスピラという名前の感染症は数百種類もあり、

それに対応するために2種類のワクチンを混合しています。

 

そのせいか6種は無いです。

 

ただ、ワクチンはこの病気にはこれと効果が決まっていて、

数百種のレプトスピラの中でもこのワクチンで対応できるのは

代表種である2〜3種になります。

 

 

 

8種混合生ワクチン

 

7種と犬コロナウィルスのワクチンです。

 

ワクチンの中で1番人気ののある混合生ワクチンです。

資料をよると、実に4割強がこのワクチンを受けているようです。

 

値段も5種と比べて1000円前後しか変わらないからだと思います。

 

 

こちらから特に指定をしなければ、

獣医さんのほとんどがこのワクチンを選択されます。

 

 

 

9種混合生ワクチン

 

8種に加えてレプトスピラの対応種を増やしたワクチンです。

 

レプトスピラそのものは即生命に関わる、
ということは少ないのですが、人にも移るという点が厄介です。

 

 

 

 

単体ワクチン

image
たくさん混合すれば確かに対応する病気も増えますし、

値段的にもバラで打つよりは値段も安く済みます。

 

 

しかし、数が増えると犬の負担も増えます。

 

いかに弱めていても、病気を起こす微生物を数多く注入するわけです。

 

 

 

普通犬ならまだいいのですが、

ワクチンアレルギーの犬にとっては大問題です。

 

そこで、特に犬にとって怖いバルボウィルスなどには

単体ワクチンも用意されています。

 

こちらはさらにアレルギーを抑えるために、

不活性ワクチンも用意されています。

 

 

 

ただ、不活性ワクチンは穏やかな代わりに、

最初に2回打ったり、効果が短いといった問題もあります。

 

 

 

まとめ

 

 

ワクチンの混合数は多ければ多いほどいいとはいいきれません。

 

さきほどにも言いましたが、
多ければ犬にとっての負担も高くなります。

 

 

犬にとってもっとも怖い犬ジステンバーや

バルボウィルス、アデノウィルスは5種混合で十分です。

 

 

それ以降に追加されるレビスブトラをどうするかによると思います。

 

このワクチンが犬にとってもっとも負担が大きいそうです。

 

 

ただ、人にも感染しますし、感染源がネズミのおしっこや汚れた水など、

外に連れ出したらどこでもありそうなのものです。

 

外に連れ出すことが多いとか小さなお子様がいらっしゃるご家庭は、

接種を考えたほうがよいでしょう。

 

どれにも一長一短がありますから、

獣医さんに相談なりをして、よく考えた上で決めて下さい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。