犬にバナナをあげるのはアレルギーに良くない?

この記事は3分で読めます

image

基本的に犬にバナナをあげることについて問題はありません。

 

でも、バナナはまれに人間は食べても大丈夫なのに、

犬の場合食べると中毒症状や健康状態を崩してしまう可能性がある果物です。

 

 

他の食品アレルギーなどがあって心配な場合は少量から始めて様子をみるか、

できればアレルギー検査を受けてから与えるようにした方が良いですね。

 

 

まれにですが、起こる可能性のある、

バナナのアレルギーについて、書いてみました。

 

 

 

アレルギーかどうかの判断は?

image

 

 

最近ではアレルギーを持った犬も増えてきているようです。

 

なんでも食べさせるわけにもいかず、大変だと思います。

アレルギーを起しそうなものは、普通に判断するのはとても難しいです。

 

 

卵、牛乳、などのほかにも、粉物、野菜など、

もちろん、バナナだって、 アレルギーを持っている子は、アレルギーを起します。

 

バナナを食べた後で

口の周りを盛んに舐めだしたり、床に口を擦り付けるような行動を出始めたら、

アレルギーを疑い、与えるのは控えた方がいいですね。

 

 

まず、犬は皮膚にアレルギー症状が起きます。

 

ひどくなると、毛が抜けたり、

皮膚が赤くなったり、痒がって掻き壊したり噛み付いてしまう、

発疹が出るなどがおこります。

 

 

 

また下痢やくしゃみなど様々な症状を引き起こす可能性があります。

 

もしも飼い主がなかなか気づいてあげられずに食べさせ続けると、

アレルギーへの反応はどんどん強くなっていきます。

 

 

このような症状を見つけたらすぐに病院に行き検査をすることをおすすめします。

アレルギーというものは、個体によって違いがあるので、

獣医師さんに詳しい結果を聞いてみるのが一番いい方法です。

 

 

 

果物アレルギーの対処法は?

image

アレルギー物質を起こしたバナナはもちろんあたえないようにし、

アレルギー除去食(アレルギーの原因物質の入っていない食事)により、

アレルギー症状が収まる場合もあります。

 

 

ちなみに、皮膚の細胞が生まれ変わるまで1~2か月の期間が必要だとされています。

 

最低でも2か月程度は除去食を続けたほうがよいでしょう。

また、除去食を始めたら、人間の食べ物は与えないようにしましょう。

 

 

 

その他の療法は?

image

除去食や、投薬、の他に

サプリメントによる治療も合わせると効果的です。

 

有効なサプリメントは、まずは、抗酸化物質です。

以下のものがそれにあたります。

 

①ビタミンACE

②カロラノイド

③コエンザイムQ10

④ALA(アルファリポ酸)

 

などです。

 

 

他には犬の消化管に存在している善玉菌である

プロバイオテクス(納豆などに含まれる有用微生物を含む)のサプリメントも有効です。

 

またアレルギーに良い自然な食品として、昆布なども与えると良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

バナナは、与える量を加減すれば、

基本的には心身ともに健康にしてくれる、良い果物です。

 

 

でも、アレルギーを持っている犬には良くない果物になってしまうのです。

普段与えているものと違うものを初めて与える時には、十分注意を払ってください。

 

 

与えた後には、よく愛犬を観察して、変わった様子がないかを確かめる必要があります。

少しでもきになる点がある時には獣医師さんに、是非相談をしてください。
あらゆる外敵から、大切な愛犬を守ってあげてくださいね。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。