犬がバナナを食べることって大丈夫なの?

この記事は3分で読めます

image

バナナは栄養もあり、消化もよく植物繊維も豊富なので、

昔からお腹の調子を整えるためには最適な果物だと言われています。

 

では、これは、犬にも当てはまることなのでしょうか?

犬にとってのバナナの効果を書いてみました。

 

 

 

人の体に良いバナナ、犬にも効果はあるの?

image

 

 

よく知られている事として、

バナナには整腸作用があります。

 

他にもビタミンB1B2がが豊富なので

細胞の再生、エネルギーの再生を促進する効果

白血球が活性化し免疫効果を高め、ガン予防効果もあります。

 
ですから、犬にとりましても、基本的には健康に良い果物だと言えます。

 

 

また、バナナには、すぐに吸収されてエネルギーに変わるブドウ糖など、

吸収される速度が異なるさまざまな糖類が含まれるので、

エネルギーが長く持続します。

 

 

スポーツ選手もバナナには、

エネルギー吸収の即効性があるために、バナナを食べるという話をよく聞きます。

 

それは、犬にも同じ効果を望めるようです。

 

 

 

バナナを与える時の注意点は?

image

 

 

いろんな良い効果をもつバナナでもあげる時に注意しなければならないこともあります。

 

 

 

与える量

便通が良くなるので、与えすぎると便がやわらかくなってしまう可能性があります。

与えた後の便の様子をよく見て、与える量を調節しましょう。

 

 

 

与え方

 

バナナはお腹を冷やす効果があります。

 

犬には、冷やしたものではなく、

常温もしくは少し温めた物を上げた方が胃腸には良いです。

 

 

 

注意点

犬には果実アレルギーを持っている個体もいるので注意が必要です。

 

果物アレルギーは、中毒症状(けいれんや呼吸困難)を引き起こしてしまいます。

 

中毒症状を起こす

果物アレルギーをもった犬には絶対あげないようにして下さい。

 

 

 

秘められたバナナ効果とは?!

image

 

 

分離不安や攻撃的性質の改善にもバナナは良いと言われています。

 

吠えたり、人を噛む犬は生まれつきな習性だけではない可能性があり、

 

犬にも精神的な病があるのでは?

 

ということが最近言われています。

 

 

 

行動に問題がある犬は、満ち足りた気分の時に多く分泌されるホルモン、

セロトニンの量が少ない可能性があるとの最新研究が発表されました。

 

 

人間でもセロトニンの分泌が低い状態が続くと、

不安状態に置かれたり、気分の落ち込みとの関連性が指摘されています。

 

 

セロトニンの合成には、ビタミンB6・ナイアシン・マグネシウムが必要です。

 

 

この4つの成分全て含まれている食材が正しくバナナです。

バナナは、心を癒す効果も秘めているのです。

 

 

 

まとめ

 

 

低カロリーなのに満腹感も与えてくれて、

更に便通促進効果、病気予防効果、また心まで癒してくれるバナナ。

 

 

注意すべき事に気をつけていれば

犬にも積極的にあげても良いものです。

 

もちろんそのままでも良いのですが、

ドッグフードに一口サイズバナナ混ぜてをあげても良いです。

 

また、次のように一工夫して犬にあげてみるのも良いでしょう。

前にも述べたように、温めた方が良いものですから、

 

バナナケーキにしたり、

パンケーキにしたりして、

 

飼い主さんも一緒に楽しく召し上がってみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 11月25日