犬にとって必要なワクチンの種類と値段は?

この記事は3分で読めます

image

犬を飼うにあたり必要なものの一つとして、ワクチンがあります。

 

初めて犬を家族として迎え入れようと思っている方には、

 

どんなワクチンが必要で、

どれだけの費用がかかるのか

 

そこらへんも気になるところだと思います。

 

今回はそんなワクチンについて、書いてみました。

 

 

 

義務づけられているワクチンとその値段は?

image
犬を取得した日

(生後90日以内の犬を家に迎え入れましたら、生後90日を経過した日)

から30日以内には、

その犬の所在地を管轄する市町村に登録の申請をしなければいけません。

 

 

そして、鑑札の交付を受け、
狂犬病のワクチンについても、
毎年1回必ず受け、注射済票の交付が法律により、義務づけられています。

 

 

 

受ける時期と場所

 

毎年4月〜6月までに受けます。

 

どこの県でも、自治体などで、
自宅付近の公民館など集会所で、集団接種を行っています。

 

また、その日をのがしても、
獣医さんで受けることもできます。

 

 

値段

 

狂犬病のワクチンの値段は各自治体で多少異なります。

 

だいたいが狂犬病ワクチンの注射済票交付の登録料と合わせて、

3,000円とくらいです。

 

動物病院の場合は病院側が自由に料金を設定できますので、料金も様々です。

 

自治体と同じ料金にしているところもあれば、

安価な所、高価な所などがあります。

 

最近では他のワクチンとのセット価格などで、

安価な設定をされている病院が多いですね。

 

 

 

伝染病などを防ぐためのワクチンとその値段は?

image
伝染病ワクチンは 、全部で9種類あります。
これは、狂犬病のように義務づけられてはいませんが、

愛犬のことを考えるなら、接種が必要です。

 

種類は

 

 

①ジステンパー
②犬伝染性肝炎
③犬伝染性喉頭気管炎
④犬パラインフルエンザ
⑤犬パルボウィルス感染症

⑥犬コロナウィルス感染症
⑦犬レプトスピラ病黄疸出血型
⑧犬レプトスピラ病カニコーラ型
⑨犬レプトスピラ病へブドマディス

 

 

(赤字のワクチンが特に重要視されています。)

 

各動物病院によって異なりますが、

5種混合~9種混合まで1回のワクチン接種で済ませる場合が多いです。

 

①~⑤までが5種混合ワクチンで、

以降は上記番号順に加えられます。 (例えば、8種混合ワクチンだと①~⑧まで)

 

単純に9種混合ワクチンを接種すればいいというものではありません。

 

体力が備わっている成犬なら問題ありませんが、

子犬や老犬となると、副作用 のリスクがあります。

 

 

しっかり管理されたブリーダーから直接購入した場合は、

5種混合ワクチンまで、ペットショップで購入した場合は、

 

病気にかかるリスクと副作用のリスクを考え、
9種混合ワクチンの接種を受けるほうが良いでしょう。

 

値段は、6,000〜10,000円くらいが相場です。

 

 

 

犬の病気の中でも怖い病気のワクチンとその値段は?

image
image
 

 

 

フィラリアは、

犬を飼っている人ならほとんどの人が知っていると思いますが、

蚊が媒介することで感染してしまう恐ろしい病気です。

 

 

フィラリアに感染すると

ミクロフィラリア(フィラリアの赤ちゃん)が血管を通って、

心臓に移行し、心臓にたどり着くとそう麺ほどの大きさに成長し、

 

当然、血液が上手く流れなくなって心臓がショック症状を引き起こしてしまいます。

 

 

そしてそれを取り除かなければ死に至ってしまいます。

予防薬には種類が色々あります。

 

錠剤、ジャーキータイプ、注射薬などです。
予防薬は多少余裕を持って

 

蚊が出はじめてから1ヵ月位が目安ですから大体、

5月〜11月まで月に1回のペースで飲ませます。

 

 

値段は1錠が1,500円前後です。
(体重により異なります)

 

また、注射の場合は、年に1回します。
こちらも時期は同じで、
値段は6,000円くらいです。

 

✴︎通販で輸入品が、安く売っていますが「品質保証」に懸念の噂があります。
輸入品は避けて頂きたいですね。

 

 

 

最後に

 

 

他にもノミダニ予防薬なども、しておくに越したことはありません。
image

こちらはペットショップなどにある市販品でも心配はありません。

ところで、なぜ狂犬病ワクチンは義務づけられているのかご存知でしょうか?

 

まずは、人にも感染する病気であることで、

人間が感染して発症してしまうと死亡率100%の怖い感染症だからです。

(発症する前にワクチンを打てば助かることもあります。)

 

 

また、犬だけではなく、

哺乳類ならなんでも感染することがある病気だからという理由もあります。

 

怠っている飼い主の方も少なくはないようですが、必ず受けて頂きたいですね。

任意のワクチンも愛犬にとって、
大切なワクチンです。

 

できれば受けてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。