犬を飼うなら性格がおとなしい子がやっぱり良い!あなたに合ったワンちゃんは?

この記事は3分で読めます

image

犬に詳しいからと、よく聞かれます。

 

「おとなしい犬種は?」

 

いつも返答に困ります。
実際のところ、ただ単におとなしい犬種とひとくくりにはしたくはないからです。

 

人間だってそうです。
おとなしい人も不遇な仕打ちを受け続ければ、

ストレスは溜まり、爆発し、変わってしまうはず。

 

犬だって同じこと、おとなしい犬種だと、思い込まれていても、
不遇な扱いをされ、

ちゃんとしたしつけも受けず、ゲージに入れっぱなしだったりしたら、

ストレスで、おとなしくなんてしていられなくなるでしょう。

 

ちゃんとしつけをし、

ちゃんとコミュニケーションを取ることを前提とした上で読んでみて下さい

 

 

住宅スペースに余裕があるならこんな犬!

image
image
image

大型犬の方がおとなしい性格です。

 

 

 

 

 

 

 

盲導犬や介助犬としても活躍している

ゴールデンレトリーバーラブラドールレトリーバー

 

また秋田犬や、護衛犬、牧畜犬だったバーニーズマウンテンドック

などが、温和であまり吠えない犬種です。

 

利口さもありますから、

子犬の頃からしっかりてしつければ、

無駄吠えや攻撃的になることなどはまずありません。

 

 

マンションなど限られたスペースならこんな犬!

 

 

住宅街の密集化によって、マンションだけでなく、

戸建てでも、犬の鳴き声トラブルが増加しています。

 

さらに、散歩中に、他の人や犬に飛び掛ったり、

怪我をさせてしまったりするようなトラブルも耳にします。

 

そんな場合は、やはり小型犬や中型犬の方が良いですね。
image
image我慢強く、留守番も得意なのは、

パグシーズーです。

 

 

 

 

 
他に、パピヨン、トイプードル、キャバリア、ヨークシャテリア、

などもおとなしくしつけやすく、あまり吠えません。
image
image
image
image

 

 

 

 

 

 

 

 

また、チワワは、

吠えても声が小さくてあまり気にならないといった面ではチワワもお勧めです。
image
 

 

 

 

ただし、小型犬は、外ではおとなしくて、

家の中では元気な内弁慶タイプになりやすいので、要注意です。

 

小さな体の小型犬にとっては、
外のものは何でも大きく感じてしまい、

外では怖くておとなしくなってしまうんです。

 

その反動で家の中では活発でやんちゃに遊びまわります。
でも、無駄吠えはしっかりとしつければ無くなります。

 

 

小さいお子さんがいるご家庭ならこんな犬!

image
小さいお子さんは、気をつけていないと、

犬に対しても容赦なく毛を引っ張ったりして、犬を怒らせてしまいがちです。

 

ですから、やはり我慢強いパグシーズー

またしつけしやすい、トイプードルパピヨンなどがお勧めです。

 

また大型犬でも、

 

・ゴールデンレトリーバー

・ラブラドールレトリーバー

・バーニーズマウンテンドック

 

などが、しつけ次第で我慢強いおとなしい犬種です。

 

 

まとめ

 

 

住環境にあった犬種を色々と紹介いたしましたが、
あくまでも犬種全体の特徴を元に言えることです。

 

 

実際には当然個体差があります。

 

吠えにくいと言われている犬種でも
中にはよく吠える子もいます。
我慢強いと言われている犬種でも
我慢できない子もいます。

 

しつけても、言う事を聞いてくれない子もいるでしょう。

 

また逆に、他の犬種でも、
それほどしつけなくても、
おとなしく温和に育つ子もいます。

 

産まれてから家に迎えるまで、
育った環境にも左右されます。
また、両親の性格も反映します。

 

最終的に買うときにはペットショップの方やブリーダーの方に、
わかる範囲、その子の性格や、性質を聞いて決めて下さい

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。