犬を飼うのに大切なペット保険、知名度で選ぶならアニコム?!

この記事は3分で読めます

image

最近、ペット保険の認知度がかなり上がってきています。

 

ペットには、人と違い公的な健康保険の制度がありません。
ですから当然、治療費は全額自己負担です。
ペット保険を利用することで、
金銭的不安を感じることなく、
気軽に動物病院へ足を運ふことが可能になりました。

 

そんな事から、犬をを飼い始めた方たちも、

ペット保険への関心が高まってきています。

 

 

今ではあらゆる保険会社に、
ペット保険が組まれています。
そんなペット保険について、
迷いがちな面などを書いてみようと思います。

 

 

ペット保険に入るきっかけは?

image

近頃は、動物病院、ペットショップ、トリミングルーム等々、
どこにでもペット保険に関する、パンフレットが置かれています。

 

加入のきっかけはと言いますと、
某保険会社のアンケートでは
愛犬が病気や手術、入院をして、
その治療費のあまりの高額さを知った後に加入を考え始めたと、
いう方が全体の50%以上を占めているようです。

 

うなづける結果ですよね。

 

特に買ったばかりの犬でしたら、
病気をする事など実感としては、わいてきません

 

そして、
実際に愛犬が病気を患って、
高額な治療費を知らされ、
驚いて初めて気づくのです。

 

 

病気になってからでは遅すぎる?!

Dogs_Puppy_Glance_Animals_baby_cute_eyes_mood_2048x1310

 

大手の保険会社の調査によると、
愛犬が動物病院にかかる割合は、
90%を超えています。
そのうち80%は、手術を受けているのです。

 

手術にかかる費用は、大体が、
数十万円単位
です。
そこに、入院費用や投薬費用が
重なりましたら、莫大な金額になります。

 

 

ペット保険の保険料は、
約2,000円〜6,000円くらいです。
それで、最低でもかかった費用の
半分は補償してもらえるのです。

 

犬を飼っていれば何が起こるか、
予想はできません。
いざという時の為にも、
ペット保険に、加入する必要はあると思います。

 

 

豊富すぎて、どこの保険会社が良いのかわからない?!

image
そうです。
最初にも述べました通り、
今やペット保険を扱う保険会社も
かなり豊富になっています。

 

選ぶのに迷う方も少なくはないでしょう。

 

わかりやすいのは、
ペット保険も人間の保険と同様に
インターネットで保険比較ができます。
ペット保険一括比較サイトです。
気になる保険料や、補償内容などをわかりやすく比較できます。
そういったサイトや、
雇用満足度調査などを参考にし、
後悔しないように選びましょう。

 

 

ポイントとしては、
⚫︎補償内容
⚫︎保険料
⚫︎年齢による値上がり額
⚫︎請求時の利用のしやすさ
ですね。

 

 

補償内容は、あつければ良いわけではありません。
あつければ、あついほど、
当然、保険料は高くなります。

 

大体、8万円〜25万円くらいが、
治療費の相場です。

 

ですから、それ位の治療費をカバーできるくらいで十分です。

 

また、請求する時の手続きが簡単なものを是非オススメします。

 

受け取るまでに手間や時間がかかるようでは、意味がありません。

 

 

知名度の高いペット保険は?

image
有名で信頼できるのは、
アニコムです。

 

 

2012年にはペット保険のシェアがNo.1になったこともあり、
名前だけでも聞いたことがある、
という方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか?

 

アニコムのホームページのTOPには、
『家族だからペット保険』
と印されています。
飼い主の気持ちの配慮を感じて、興味がわくことでしょう。

 

 

アニコムのペット保険は、
One for All, All for one
の精神に基づいた、相互扶助の制度で、
公平性を尊重して制度運営を行っております。

 

そこで特徴的なのは、
『動物保険診療保険アドバイザリーボード』
の、設置ではないでしょうか?

 

アドバイザリーボードメンバーとして、

10人以上のあらゆる動物の医療に長けた専門家の方々が、
多岐にわたりアドハイスをして下さいます。

 

 

またアニコムのペット保険には、
突然の怪我や、病気の中でも、
よくなりがちな、異物誤飲
などにも対応している保険もあります。

 

 

まとめ

 

 

どうですか?
ペット保険の重要性は、
分かって頂けましたか?

 

ペット保険には入っていないと、
少しくらいの体調の変化だけでは
「もう少し様子を見よう」
などと思いがちです。

 

でもそれは、もしかしたら、
大変な病気の兆候かもしれません。
手遅れになってしまう可能性もあり得るのです。

 

ペット保険を見極めて、愛犬も飼い主も安心できるように
ペット保険への加入を是非とも、検討して頂きたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。