犬が大切そうにおやつやおもちゃを隠すのってなぜ?それって問題?!

この記事は4分で読めます

image

犬を飼っている方は、”おやつやおもちゃなどの宝物を埋めようとする”のをよく目にしますよね。

 

土に穴を掘って埋めたりカーペットやベッド、洗濯物の中にも宝物を埋めようとしたりする犬もいるみたいです。

 

「見えてるよ」なんてときも、

 

たまにありますね。
かわいいですが、この隠す行為は、
ある意味では問題行動
でもあります。

 

飼い主や、お客様の靴などを隠してしまう、のが代表的です。
そんな犬がものを隠す行為について、書いてみたいと思います。

 

どうしておやつやおもちゃを隠すの?

image

犬がおやつやおもちゃなど、
大切なものを宝物のように隠すのは、
祖先からの習性のようです。

 

 

その昔、”食べ物”はいつでも手に入るものではありませんでした。

 

ですから、狩りに成功して食べ物が手に入った時には、

他の野生動物達に、盗られるのを防ぐため食べきれないかったら、

埋めて隠していたのです。

 

また直射日光から避けるために、
土に埋めることによって、
余った食料の保存性をも高めていたとも、
言われています。

 

 

そのために、毎日食事をもらい、
食べ物に困ることなどないはずの犬まで、
おやつやおもちゃを隠してしまうのです。
本能の記憶が残っているのです。

 

 

隠す行動が頻繁に見られたら、問題行動?!

Sunset_love_dogs_master_dusk_1920x1200

 

隠す行動があまりにも頻繁に見られたら、
問題行動として、考える必要もあります。

犬が、飼い主の方のスリッパや靴など、飼い主にとって必要なものを隠す場合です。
飼い主の方のことが大好きで、
“いつも臭いをかいでいたい”

“かまってもらいたい”

 

そんな気持ちが強いときに、
見られがちな行為です。

 

犬が物を隠しているねを見たら、
何を隠しているのかを確認して、
それが、飼い主の方のものなら、
犬とのコミュニケーションがちゃんと、
取れているのかを考える必要
がありますね。

 

一度に与えるおもちゃやおやつの個数を制限してみるのもよいかもしれません。

 

毎日の十分な運動と知的な刺激は犬の心身の健康の基礎です。
運動や、コミュニケーションは、
怠らずに行いましょう。 

 

 

お客様の靴まで隠してしまうのは?!

image
家族のものだけならまだしも、
お客様の靴まで噛んだり隠したりされると、とても困りますよね?

 

でも、あなたの靴じゃなくて
お客様の靴に対しても噛んだ
隠したりしてしまうことも、
よくあることです。

 

これは一体どうしてなのでしょう?

 

飼い主の方から見れば“いたずら”
と思ってしまいますが、
実は犬には“いたずら”という、

“悪気”はないのです。

 

 

犬が靴を噛んだり隠したりする理由は、
靴の素材にあるのです。

 

一般的に、靴はゴムでできているものが多いです。

 

素材が犬には最適なおもちゃとなのです。
犬のおもちゃも革やゴムでできているものが多いでしょう?
靴の革や靴底のゴムなどが、
犬にとりましたら魅力的な素材なわけです。

 

 

普段遊び慣れているおもちゃも、
遊んでいると次第に犬も、飽きるらしく、
靴などに興味を示してしまうのです。

 

ちゃんとしつけられている犬は、
飼い主の靴は噛んじゃいけない、
とわかっています。

 

でも、
お客様の靴は犬にとりましたら、
普段は嗅ぎ覚えのない臭いです。

 

嗅覚が優れている犬にとって、
知らない臭いのお客様の靴が、
気になるのは仕方ないことだと言えます。

 

犬にとってはおもちゃだと認識し、
後でゆっくり楽しもうと考えて、
犬の本能から隠してしまうのです。
ですから、犬は本能に従って、
大切な物を隠しているだけなので、
悪気もなくいたずらのつもりも、
全くないのです。

 

 

対処法として一番確実なのは、
お客様の靴は必ず下駄箱にしまうことです。

 

お客様の靴を噛んではいけないものだと、
しつけることもできます。
犬の目の前に靴をかざし、わざと噛ませて、
噛んだ瞬間に「ダメ!」と叱ります。

 

もう一度差し出して噛んだら「ダメ!」
です。

 

繰り返すことで、これを噛んだら怒られると学習します。

 

口を離したらすぐにほめてあげ、
ご褒美と与えます。

 

 

ただ、お客様が来られる度に、
しつけるのも大変なことです。

 

ですから、下駄箱に入れる方法が、
一番手っ取り早いですね。
靴以外のもので熱心に噛み続けられるようなおやつや

おもちゃを与えて気を背けるのも、一つの対処法です。

 

 

隠した宝物の行く末は?

ところで、気になりませんか?
image
埋めた後のことです。

 

埋めた後に掘り出す様子を見たことがないという方がほとんどでしょう?

 

掘り出して後に食べるということは、
あると思いますか?

 

 

オオカミの場合は、掘り出して、
また食べると言われています。

 

 

犬はほとんど隠す行為に満足し、
後は忘れてしまうようです。
室内犬なら、
あれ?こんなところにおやつが。
なんてことも経験した方も少なくはないでしょう。

 

 

まとめ

 

 

宝物隠しをするのは、
犬の種類や年齢はあまり関係ないようです。

 

言えるのは物に執着するタイプに多い行動ということ、また、妊娠したメス犬が、
おもちゃを子犬と見間違え、
大切に守ろうとして隠す行動を、
とるということが多いようです。

 

 

また、室内犬なら掘る土がないので、
ソファーや布団などを、
カリカリしてる光景がよく見られます。

 

穴掘りしてるつもりなんですね。

 

犬の本能に刻み込まれた、
穴掘りや宝物隠しをする姿、
なんとも愛おしいですよね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。