犬が吐く白い泡には危険なサインも含まれる?!

この記事は3分で読めます

image

犬は吐くことが多い動物と言われています。

中でも白い泡状のものは、よく見られます。
image
その白い泡は、
吐いても心配のないものもあれば
心配なものもあります。

 

この透明や白色の液体は主に、胃液です。

 

この白い泡を吐いた場合、
病気か心配ないものかは、
色だけでは、判断してはいけません。

 

 

犬が吐く白い泡の正体と対処法についてお話ししたいと思います。

 

目次:
1、くり返さなければ、問題ない?!
2、背中を丸めるのは危険のサイン?!
3、あなたのワンちゃんは大丈夫?簡単チェック!
4、まとめ

 

スポンサードリンク

 

くり返さなければ、問題ない?!

image

◽️胃を綺麗にするためのもの

 

犬が本能的に吐くものがあります。
自分の毛玉など消化できないものが、

胃にたまってしまった時などに、
胃を綺麗にするための行動です。

 

 

散歩をしているとき草を食べたりして、
吐いたりするのを飼い主の方なら、
見たことがあると思います。

 

 

犬が自らする胃を綺麗にする行動です。
こんな場合は心配はいりません。

 

 

吐いたものの中に毛が多く含まれていたり
する場合は、正にこれが原因だと思います。

 

◽️食べ過ぎによるもの

食べ過ぎにより吐く事があります。
犬は食べ物がそこにあれば、
食べられるだけ食べ続けます。

 

これは狩りをしていた時代に、次にいつ食事ができるか、わからなかった時からの、

名残だと言われています。

 

 

そのため、出されたエサはどんなに多くても食べてしまいます。

 

過度に食べ過ぎると
急に胃を刺激されるために、
吐き戻してしまいます。

 

食べた後に吐く場合には、
エサの量を見直して見て下さい。

 

◽️空腹によるもの

 

食べ過ぎの逆に、空腹すぎても、
吐く
ことがあります。

 

食事の感覚を長くしすぎないように、
また量を減らして多すぎないように、
してみましょう。

 

◽️ストレスからくるもの

 

強いストレスを受けた後にも、
吐く
という傾向があります。

 

 

ストレスを受けるものとしては、
動物病院、、予防接種、トリミング、
などに行った時や、知らない人や犬に、
会った時、また犬が嫌う音を聞いた時、
大きな寒暖差などが挙げられます。

 

 

とにかく、吐いたとしても、
元気があって、食欲もあり、
繰り返さないようでしたら、
それほど心配はありません。

 

背中を丸めるのは危険のサイン?!

image

 ◽️食道に異常がある場合

 

食道に腫瘍、異物(飲み込んだものが引っかかっている時)
または、食道拡張症などの場合には、

食べたものが胃まで辿り着かず、
食べたものがそのままの状態で消化されずに
吐き出します。

何度も繰り返しているようなら、
要注意です。

 

◽️胃に異常がある場合

 

胃炎、胃潰瘍、胃捻転、通過部の狭窄などを患っている場合に、吐くことがあります。

 

この場合にはお腹が痛むので、
背中を丸めた格好
をすることが多いです。

 

◽️腸に異常がある場合

 

吐いた時に血が混ざっていないかよく確かめて見て下さい。

 

 

血が混ざっている時には、
腸炎、腸捻転、異物による閉塞、寄生虫などが考えられます。

 

 

また、臭いにも注意して下さい。
吐いたものがウンチ様な臭いの時は、腸が閉塞している可能性があり、危険な状態です。

 

◽️中毒症状の場合

 

散歩中に食べてはいけない物を、
食べてしまったり、
本来食べさせてはいけない、
ネギ類、チョコレートなどを
食べた場合
にも吐きます。

 

関連記事:【犬がチョコレートを食べた。どうすればいい?

 

下痢をしたり、震えたり、
背中を丸めてお腹を痛がるなどの症状がないか、
よく見て、確認して下さい。

 

◽️有名な病気の場合

 

もっとも有名なのは

パルボウイルス、
ジステンパー感染症
です。

下痢をしたり、が出たりしていないか、
よく確認しましょう。

 

 

他にもフィラリア症でも吐く場合があります。

 

 

上記のような場合は全てすぐ、動物病院へ、
連れて行って下さい。

 

あなたのワンちゃんは大丈夫?簡単チェック!

 

 

とにかく犬が吐く場合には、
原因を考える前に確認しなければいけない事があります。

 

⚫︎1日に何回吐くか。

⚫︎何日も繰り返して吐くか。

⚫︎元気はあるか。

⚫︎下痢など他の症状があるか。

⚫︎吐いたものに血が混じっていないか。

⚫︎吐いたものに異物が混ざっていないか。

⚫︎背中を丸めお腹を痛そうにしていないか。

 

などです。

 

まとめ

 

とりあえず何度も吐くわけでなく
いつものように元気があり、食欲もあれば、
心配はありません。

 

 

1日に3回以上吐いたり、
様子がおかしかった場合には、
すぐにでも受診
をする事を、
オススメします。

 

 

普段から白い泡は、よく吐きますが、
「またか?」
などと思わずに、

ちゃんと嘔吐物や、犬の様子などを
確認してあげましょう。

 

 

それは飼い主にとって大切な、義務だと思います。

 

最悪の場合には、死に至る病気の場合もあるのです。

 

 

安易に考えていては手遅れに、なり兼ねません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。