犬のしつけに上手く音を使うには

この記事は3分で読めます

image

きっとどの飼い主さんも、
犬に直接刺激を与えるしつけは、
少なからず抵抗があるでしょう。

 

悪いことをしたからといって、
たたいたりすることは、
まず、やめてほしいと思います。

 

 

無駄吠え防止の首輪などの使用も、

できる限りやめてほしいと思います。

 

 

吠えると首を絞めつけたり、
少量の電気ショックを与えたり、
そんな方法でしつけるのは、
犬にとりましたら、あまりにも
かわいそうです。

 

 

犬に直接刺激を与えずにできる
効果的なしつけ法について、
お話ししたいと思います。

 

音を使ったしつけ

image

犬のしつけでは、音を使うと、
スムーズにしつけができます。

 

犬は、音にとっても敏感です。

 

たとえば雷が鳴ったり、
風が強くて風の音が激しいと、
その音に敏感に反応して、
怖がっている犬も多いでしょう。

 

このような場合と同じで、
犬は音を嫌がる性質があります。

 

 

この性質を逆手に利用し、
ある一定の音が出る物(後ほど紹介します)を、使うのも良いですが、
手軽なのは手をたたくことです。

 

悪いことをしたら、
叱りながら手をたたきます。

手をたたく音だけでも、
しつけることができます。

 

 

悪いことをする=嫌いな音がする
と覚えさせるのです。

 

 

シェイクトレーナーという、
グッズをご存知でしょうか?

 

 

先に述べた音によるしつけグッズです。
複数のスチール玉を本体容器に入れて、
音を出すという、グッズです。

 

音を鳴らすことによって良くない事を、
犬に認識させるためのグッズ
です。

 

使用方法として大切なのは、
犬に見えないよう音を鳴らす事です。

 

手をたたく行為とは違い、
犬が飼い主に恐怖心を抱く恐れがないという利点があります。

 

 

シェイクトレーナーでなくても、
代用品でも良いですね。
ですが、いろんなものを併用することは
オススメできません。

 

 

ある一定の音にしましょう。

 

 

いろんなものを使うと、
どんな音にも過度に敏感な犬に
なってしまい、逆効果
です。
良くない行動をしたら直ちに、
犬に見せないように、
叱りながら音をさせましょう。

 

 

叱った後は?

image

犬が問題行動をやめたら、

すぐにほめてあげましょう。

 

 

ほめてしつけるドッグトレーニングです。

 

“飴と鞭”ということわざがありますが、

犬のしつけにはぴったりのことわざですね。

 

ほめ方にも色々あります。

 

代表的なのは、ごほうびです。
犬が問題行動をやめたら、
おやつをあげるのが一般的です。

 

この時注意して頂きたいのは、
犬がおいしいと感じるおやつで、
そしてカロリーの低いものを、
少量だけ与えて下さい。

なでてあげるのも良いでしょう。
なでるときは「いいこ」や「グッド」などのほめ言葉を決めて、
ほめ言葉と同時に軽くなでてあげます。

 

 

あまりなで回してしまうのは望ましくありません。

 

 

犬が興奮しすぎて集中力がなくなってしまいます。

 

 

おもちゃを与えるのもあまりオススメできません。
おもちゃにも興奮しすぎる可能性が大です。

 

 

生活音には慣らせましょう

image

人間と共生していく上では、
日常生活に存在する生活音には、
ある程度慣れさせておく
方が良いでしょう。

 

 

散歩中には自動車やバイクなどの乗り物が、
必ずと言って良いほど通ります。
エンジン音やクラクションに、
いちいち取り乱していたら、
いつか事故にあってしまいます。

 

 

家のチャイム、町内放送などに、
いちいち吠えていては、
近所の方にも迷惑がかかります。

生活音にある程度慣らすには、
犬が音に対して恐怖反応を示し、
吠えたりしているときに、
追い討ちを掛けるように怒鳴ったりするのはよくありません。

 

 

軽くたしなめ、吠えるのを止めればちゃんとほめてあげましょう。

 

音によるしつけで、
いろんな音によってしつけるのは
良くないというのは、
そういうことです。

 

 

音に過敏になりすぎる犬にならないように、気をつけなければいけません。

 

 

まとめ

音によるしつけは、犬に痛い思いをさせることもなく、かつ、効果的だと言うことを分かって頂けましたでしょうか?

 

 

叩いたりしてしつけていたけれど
かわいそうだからと、
つい手加減をしてしまうからか、
なかなかしつけが上手くいかないと言う話を聞きました。

 

当たり前ですよね。

 

かわいい愛犬を、
悪いことをしたからといって、
思い切り叩ける飼い主の方は、
そうそういないと思います。

そもそも叩くしつけは、
決して良い方法とは言えません。
たたかれた時、またたたかれそうな時、
たたかれる痛みという恐怖から逃げ出したいと言う意識ばかりが先に立ってしまいます。

 

決してよい効果は得られないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。