犬がうんちを食べるのは、なぜ?それって治る?

この記事は4分で読めます

image

「うちの子、食糞が治らないんです。」

 

しかも、

 

「自分の糞だけではなく、他の子が落としていった臭い糞まで食べてしまいます。」

 

なんて話をたまに耳にします。

 

 

不衛生だし口も臭くなる食糞は、飼い主にとっては悩みの種です。

できればやってほしくない行動ですよね。

 

みなさんの愛犬は食糞しませんか?

治りましたか?

 

ところで、本当に食糞行動っていけないことなのでしょうか?

人間的な感覚で単に嫌がるのではなく、

 

「なぜ食糞するのか? 」

「治す方法はあるのか? 」

 

などについて書いてみました。

 

 

 

本当に食糞はいけないこと?

image

 

 

自分の糞を食べることを食糞症と呼びますが、

残念ながら食糞症の生理的意義については今の所分っていません。

 

食糞症には自分自身の糞を食べる場合と草食動物の糞など他の動物の糞を食べる場合があります。

文化の違う犬と人間が共存する以上、

食糞は問題行動として取り上げられますが、

健康な動物の糞を食べることは犬にとって医学上大きな問題となることはないそうです。

 

 

しかし、寄生虫に感染した動物の糞を摂取した場合は別です。

 

何らかの問題が起こる可能性があることは言うまでもありません。

一般的に子犬が糞を食べることは自然の現象です。

 

しかし成犬が糞を食べる理由を理解することは非常に難しいのです。

 

人間でも強迫神経障害など精神的な病気の症状として食糞することが証明されていますが、

犬でも同様の可能性があると言われています。

 

 

 

食糞する原因に関するいくつかの仮説

image

 

 

子犬が食糞をするのは、子犬は好奇心旺盛だからです。

知らないもの、臭いものがあるととりあえず口に入れ、

どんなものか確かめてみたいという好奇心を持っています。

 

それは臭い糞に対しても同じです。

 

「いったいこれは何だろう?」

 

と不思議に思い、口に入れて確かめているのです。

 

つまり落ちている糞をテイスティングして情報収集しているのです。

テイスティングした対象が、人間の感覚では理解し難い糞であるだけで、

犬科動物の習性から判断すると食糞は自然な現象なのです。

 

 

また、本来、母犬は子犬の肛門を舐めることにより排便を促し、

巣を清潔に保つために子犬の排泄物を食べます。

 

子犬は母親から教わった行動を学習し食糞するようになりますが、

多くは乳離れするころには止まります。

 

 

その他よく言われる仮説は、

 

・糞を食べると飼い主が騒ぐのでうれしくて糞を食べるのではないかという説

・1日1~2回の食餌であまりにも空腹のため糞を食べて「自給自足」で補完しているのではないかという説

・ビタミン(K,B)の不足を補うためという説

 

などがあります。

 

 

 

食糞行為をやめさせる方法例

 

 

基本的には
「時間が解決する」という概念を念頭においておく必要があります。

 

ただ、補助的にやってみる価値のある方法をいくつかご紹介致します。

 

 

まずは、素早く糞を処理し犬が食糞する機会をなくすことです。

 

これは確かに正攻法ですが飼い主の方が外出して

犬が部屋で留守番しているような場合は対応できないという問題があります。

 

 

次には、エサの量です。

空腹のために食糞する場合の対処法です。

獣医師に相談するなどして、栄養バランスのよい新しいエサに変えてみたり、

適切な分量に調節をしてみましょう。

 

 

あと、糞の臭いや状態を変化させるという意味を込めて、

高繊維(かぼちゃなど)の高消化性の食事に変更する、

 

あるいは異なるタンパク源のフードに変更すると効果が期待できます。

 

また、科学的な裏づけはありませんが、仮に吸収不良が原因で食糞をしている場合、

フードに食肉軟化剤や消化酵素をトッピングするのは

タンパク質消化の助けとなり役立つかもしれません。

 

 

有効性は立証されていませんが

パパイヤ、パイナップル、キウイフルーツ、メロン、ヨーグルト、

カッテージチーズのトッピングで糞自体の味や臭いを悪くして食べることを思いとどませることです。

 

この方法を推奨する獣医師もいるそうです。

 

 

また、ペットショップで市販されている食糞防止サプリメントもあります。

サプリメントには、野菜の抽出物やチアミンあるいはトウガラシが配合されています。

サプリメント自体の味はほとんどありませんが、

消化管を通って移動すると、糞が非常に苦くなり犬の嫌いな味にさせるのです。

 

 

でも、現時点では犬が食糞する原因とメカニズムが解明されていませんので、

食糞するすべての犬に100%の効果が期待できる治療方法は残念ながらありません。

 

いくつかの方法を試しているうちに気が付いた頃には

時間が解決して止まっているのが実情かもしれません。

 

動物の体内から排出された臭い糞には、

寄生虫や微生物、ウイルスなど病気の原因となるものがたくさん含まれています。

 

特に道端に落ちている臭い糞は、

その落とし主がどんな病気を持っているか、どんな健康状態なのか、推し量る術はありません。

そんな危険なものに興味を持ち、食糞してしまう、

 

しかもそれが治らない場合には注意が必要です。

 

 

 

注意すべき食糞

image

 

 

食糞は、本能にもとづくものなので、

食糞が治らないといって必要以上に神経質になる必要がないのが、ほとんどです。

 

しかしストレスや病気が食糞の原因になっている場合もあります。

ストレスや病気が原因となっている食糞は、半永久的に治らないため対策が必要です。

 

またストレスが食糞の原因になっている場合、

寂しさや退屈な気持ちから食糞をしてしまうこともあります。

 

そんな時にはできるだけかまってあげて、あまり留守番をさせないようにしましょう。

 

 

また、病気が食糞の原因となっている場合ですが、

これはなかなか素人判断が難しく、一概にはいえません。

 

食糞は犬の意思表示のひとつととらえて、

どうしても食糞が治らないときには、獣医に相談して下さい。

 

 

 

まとめ

 

 

ちゃんと家で飼われている健康な犬の糞を食べる分には、

治らなくても無理にやめさせず、寛容に見守っていて大丈夫です。

 

ただ、食糞が治らないと口の中は臭いし、

そんな臭い息をハーハーさせながら寄ってきても、笑顔で受け入れることが難しくなりますよね。

 

そこで、いくつかの仮説とそれぞれに対する対処法を紹介しました。

補助的な効果を期待し試してみる価値はあると思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。