犬のシャンプー顔周りが苦手なワンちゃんにはハット?

この記事は2分で読めます

image

犬のシャンプーは、いつもトリマーさんにお願いするだけでなく、

家で飼い主の方がされるという場合もあると思います。

 

そんな時に1番大変なのは、なんといっても

 

顔周り

 

だと、よく聞きます。

そこで、その辺りについて書いてみました。

 

 

 

意外と簡単な顔周り

image

シャンプー自体が嫌いな犬も中にはいますが、

体は大丈夫でも、顔周りになると、断固拒否っていう犬も少なくはありません。

 

怖がって顔を伏せてしまったり、怒り出したりと、様々のようですが、

意外と慣れれば簡単なんですよ。

 

いつもしているスキンシップのように、

目を見ながら顔を両手で包みこんでなでるようにやさしく洗えばいいのです。

 

くれぐれも無理やりゴシゴシはだめですよ。

優しく、でも丁寧に洗ってあげてください。

 

 

 

便利グッズを使えば尚、簡単に

image

 

最近では、家庭でシャンプーをするためのベットグッズや手入れ用品の中に、

ペット専用のシャンプーハットが、販売されています。

 

ご存知でしたか?

 

 

犬にシャンプーをする場合に、

身体をなめたり嫌がって暴れて噛み付いたりしないように

シャンプーハットをつけておくと便利なんですよ。

 

耳や、目への水の浸入も防げます。

飼い主の方にとりましても、

安心して洗えますよね。

 

 

 

それでもだめなら?

image

 

シャンプーハットをつかっても、嫌がってしまうなら、

シャンプーを変えるしかないですね。

 

オススメはシーディームです。

 

 

ドッグシャンプー

 

 

愛 犬の被毛と皮膚をやさしく洗い上げる低刺激性。

仕上がりは驚くほどに艶やかで、健康な被毛、皮膚を作り上げます。

泡立ち・泡切れが良く、かすかに甘い薬草のような香りがします。

 

 

 

ヘアー&スキンコンディショナー

 

 

被毛を縺れづらくし、過敏症の皮膚に潤いを持たせ乾燥を防ぎます。

保湿作用などに優れた肌にやさしい植物(アロエベラ・セージ)を使用しているので

敏感肌におすすめです。

 

ベビーパウダーのようなやさしい香りです。

 

 

とにかく、このシャンプーなら、顔も普通に洗えてしまいます。

全く目にしみたりも無く、口に入っても害がないそうです。

使っている方のコメントで、

 

「顔に使える事を条件にシャンプーを選びました。

低刺激うんぬんでは選びません。

泡立てて顔を遠慮なくワッシャワッシャと洗いますよ。」

 

というのがあります。

これは説得力ありますね。

私も今度使ってみようと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

シャンプーで、悪戦苦闘中の飼い主の方、参考になりましたでしょうか?

 

シャンプーハットは、今やどこにでも割と売っています。

1度使ってみる価値はありますね。

 

うちの子は、ドライヤーを顔に当てるのは苦手ですが、

シャンプーは大好きで、顔もちゃんと洗わせてくれます。

 

タオルを用意し始めると、喜んでついてきます。

 

トリマーさんにも、いつも洗いやすい子だと褒めて頂いてます。

出産も経験し何十匹もの子犬を育ててきたおかげでしょうか?

 

 

皆さんも経験です。何事も。

良いと聞いたら、色々とトライしてみて下さい。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。