犬のシャンプーの頻度はどれくらい?

この記事は3分で読めます

image

犬を飼い始めた頃、シャンプーの頻度で悩んだことはありませんか?

飼い主の方によって、

 

「1週間に一度」

「1ヶ月に一度」

 

という方もいれば、

 

「汚れたらその都度洗う」

 

という方もいて、様々です。

 

 

一体、犬のシャンプーの頻度はどれくらいなのでしょう?

そこで今回は、犬のシャンプーの頻度などについて書いてみました。

 

 

 

犬のシャンプーの目的

image

 

犬は人間と違ってほとんど汗をかきません。

ですから汗を栄養として繁殖する菌はいませんから、

極端な「汗臭さ」を放つということはまずないといってよいでしょう。

 

 

しかしそのかわり、犬の毛は常に外の世界に露出した状態なので、

汚れが付いたりダニの住みかになりやすいと言えます。

 

こうした観点から、犬のシャンプーが重要となってきます。

 

シャンプーの目的は、つまり被毛を清潔に保つということです。

 

 

散歩で走り回った後、被毛が汚れることもありますからね。

そうした汚れを放置しておくと、悪臭を放ったりもつれの原因になったりして不衛生です。

 

また、被毛を清潔に保つことは、ノミやダニ予防にもつながります。

極端に汚れている場合は、飼い主の方がシャンプーしてあげる必要があります。

 

 

 

シャンプーの頻度

Dog in bathroom

 

犬をシャンプーする目的はいくつかありますが、

犬は自分の匂いが消えることを生理的に嫌う動物です。

 

ですからあまり頻繁にシャンプーをして体の匂いを変えてしまうと、

逆にストレスがたまってしまうこともありますので注意が必要です。

 

またシャンプーのしすぎは必要な皮脂もはがしてしまうので、

かえって体によくありません。

 

毛づやを無くすうえ、皮膚を痛めて皮膚炎を引き起こす原因にもなります。

 

 

シャンプー頻度には注意をしましょう。

一般的には、1~2ヶ月に一度、というのが最も適切なシャンプー頻度だといわれています。

 

短毛種でしたら、濡れタオルで軽く被毛表面を拭くだけで十分と判断される場合は、

無理にシャンプーする必要はありません。

 

 

 

シャンプーの時の注意点

image

 

 

シャンプーは人が思う以上に犬にとってストレスになることが多いとのべました。

 

ですので、犬の体調が良い時に行うようにしましょう。

特に生後3ヶ月未満の子犬や妊娠中の犬など抵抗力が弱っている時は

シャンプーは控えた方が良いでしょう。

 

また老犬の場合、シャンプーすること自体が犬自身の体力の消耗につながります。

 

シャンプーは、3カ月に1回程度にして、

その代わりにドライシャンプーなどで対応するのも一つの手です。

 

 

皮膚病などでシャンプーを処方された場合などは獣医師の指示に従って行ってください。

 

普段はブラッシングを行い、

臭いやアレルギーの原因になりやすい死毛やフケなどを落とします。

 

部分的に汚れを見つけたら、蒸しタオルで拭いたりして清潔にしてあげるとよいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

愛犬をきれいにしてあげるためのシャンプーも、

意外にも心身ともにストレスがかかること、おかわかり頂けましたか?

 

結局のところ、犬によってシャンプーの頻度は様々で、

これが一番正しい、という正解はありません。

 

 

ただ、体調が悪くないかはよく観察してあげて下さい。

よほどの汚れでない限りは、

ブラッシングで、死毛やフケが取り除けて、十分綺麗な状態は保てます。

ブラッシングは、大切です。

 

もつれや抜け毛を放っておくのはよくありませんからね。

ブラッシングもストレスにならないように、コミュニケーションの一環として癖付けてあげましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。