犬は暑さ寒さに関係なく体温調節が苦手?!

この記事は3分で読めます

image

犬は体温調節が苦手な動物だと言われています。

 

暑さにも寒さにもなかなか順応できないのです。

 

では、どうやって体温調節をしているのか?

また、どんな助けが必要か?

 

などについて、書いてみたいと思います。

 

 

 

犬は暑さに弱い?

image

 

 

暑い時、人は汗をかくこと、血液の循環量を減らすこと、

などで体温調節が行われています。

 

汗は、体内の水分を皮膚の「汗腺」という器官を通じて体外に放出されます。

これによって熱を使うことで体温が下り、

体温調節を行うことができるのです。

 

 

汗腺は人の場合、体全体に分布していますが、

犬にはこの汗腺が肉球部のみにしかありません。

 

肉球部のみの汗腺では、発汗しても余り体温調節には影響しないのです。

 

暑い時に汗をかくことが出来ない犬は、

体温調節に、ハアハアとした荒い息遣いをして水分を蒸発させ、

体温を下げようとします。

 

これを

「パンティング」と呼びます。

 

 

ただ、パンティングをすると筋肉や体力を使うため、

より体温が上がる要因にもなると考えられています。

 

そこからも犬は体温調節が苦手な動物と考えられているのです。

 

また、土に穴を掘って体を埋めたり、

ひんやりした床やコンクリートの上に腹這いになったりするのも、

腹部を冷やして体温を下げようという暑さ対策です。

 

ですが、暑いからといって犬の毛を、

むやみに短くカットしてしまうのはよくありません。

 

毛には日光から皮膚を守ったり、熱を遮断する機能もあるからです。

切る際には適度な長さにしておきましょう。

 

 

 

寒さには強いって本当?

image

 

 

一般的には犬は寒さに適応しやすいと言われています。

犬は人間よりも体温が高いので、耐性があるとされているのです。

 

しかし、最近は室内で人と同じように過ごしていることも多くなり、

寒さに弱い犬も増えています。

 

また、犬種によっては強い犬もいますが、飼っている環境にもよります。

極寒の地であるシベリア生まれのシベリアンハスキーは寒さに非常に強い犬種です。

 

 

しかし、日本で室内飼いされていたハスキーは、

外に出ると震えていたなんてことがあるくらい、

犬は普段の生活の環境で寒さに弱くなるようです。

 

また、もともと寒さに弱い犬種は寒い環境で育っても

寒さにそこまで強くなるわけではありません。

 

image

 

 

洋犬、室内犬、小型犬は寒さに弱いものが特に多いです。

 

主にマルチーズ、シーズー、パピヨン、チワワ、プードル、

ヨークシャテリア・テリアなど

シングルコートの犬はダブルコートの犬よりは、必然的に冬の寒さには弱いです。

 

 

犬は寒くなってくると

背中を丸め、頭と手足をくっつけて丸くなって眠り、体温が逃げるのを防ぎます。

 

また、人のそばにくっついてきたり、ソファなど暖かい場所に移動します。

更に、ぶるぶる震えているようなら、

筋肉を震わせて体温を上げようとしている状態なので、かなり寒いということです。

 

 

 

体温調節の助けとなるのは?

image

 

服を犬に着せるのは、

「犬は迷惑がっている」

と、いう話も時折耳にしますが、

服を着せてあげることは暑さ寒さから体を守り、体温調節の助けとなります。

 

夏には、お散歩などの時に、

軽く水で濡らしたTシャツなどを着せてあげると

体温の上昇を防ぐことが出来るのでおすすめですね。

 

皮膚に当たる日差しを遮りつつ、

水分が蒸発することで体温を下げるサポートをすると考えられています。

嫌がる犬も少なくはありませんが、出来れば着せてあげることをお勧めします。

 

 

また、暑い時には冷却マット、寒い時には暖かいマットなどを引いてあげ、

冷暖房も上手く使ってあげて下さい。

 

室外犬には、暑い時には日差し避け、寒い時には風避けをつけてあげて下さい。

寒さに強い犬種であったとしても、

外飼いでつながれた状態では寒さを避けることが出来ません。

 

 

 

まとめ

 

 

犬は、自分で体温調節が余り上手くできないということ、

ご理解頂けましたか?

 

そのために、寒さに強い弱いに関係なく、

暑さ対策、寒さ対策には気を配ってあげるようにしましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。