犬の体温の測り方と大切な平均体温の把握!!

この記事は3分で読めます

image

大切な愛犬の健康管理は大切ですよね。

体調管理として体温を把握するのはかなり重要です。

 

そのため、動物病院で診察を受ける際には計ります。

 

でも、実際体温を測るってどこで測ればいいのでしょう。

 

そこで、体温の測り方や平均体温など愛犬の体温について書いてみました。

 

 

 

犬の平均体温はどれくらい?

image

 

 

愛犬の異常に早く気がついてあげられるのは、飼い主の方です。

 

普段から愛犬の様子を把握し

早期発見して治療を受けさせてあげたいですよね。

 

 

さて、愛犬の様子を把握するのに大切な情報となるもの。

 

それはまず、平均体温です。

体温は体調把握のバロメーターになります。

 

 

体温は犬の大きさや体格で個体差がありますが、

目安となる平均体温は

 

 

◾️小型犬が約38℃~39℃

 

◾️大型犬が約37℃~38℃

 

 

です。

 

 

小型犬の方が体温は高いですし、子犬の頃はもっと体温が高めです。

 

健康な状態の時に、

何度か愛犬の体温を測って、平熱を把握しておきましょう。

 

 

 

犬の体温の測り方

image

犬の体温は、直腸検査になります。

 

獣医さんがしているのを見たことがある方が多いと思いますが、

体温計を肛門に挿して測ります。

 

 

自分でする際は、

家にある体温計の先端をラップなどで巻いて挿すようにしておけば、後の掃除が楽です。

 

また肛門の中になめらかに入るように体温計にワセリンか食用油を塗ると良いですね。

 

 

犬用の体温計を用意しておくと便利ですが、

ガラス(水銀)の体温計は割れると危険ですのであまりオススメはできません。

 

ここで注意が必要なのは、

犬はお尻が弱点のひとつだから触られることを極端に嫌いなことです。

 

そのため、いくら飼い主の方でも肛門に何か挿しこんできたら逃げようとします。

 

首を抑えておくために体温を測る際は2人以上で行うと測りやすいです。

 

 

測るときには、尾を持ち上げて肛門内に体温計をゆっくり入れます。

深さは犬の大きさにより3~6cmぐらいです。

 

くれぐれも傷まない程度に優しくしてあげて下さいね。

その状態でおよそ1分間待ちましょう。

 

 

 

直腸検査以外での犬の体温の測り方

 

 

肛門に入れることに抵抗がある人は、他にも方法があります。

 

内股の付け根に体温計を挟み込んで、皮膚と体温計を密着させて体温を測ります。

 

 

およそ4~5分その状態を保って体温計を外し目盛りを読みます。

 

しかし直腸検査とは違い、あまり確実ではありません。

正常な体温よりも、1℃ほど低めになると、覚えておいて下さい。

 

一番確実なのは、やはり直腸検査です。

 

 

 

まとめ

image

 

 

犬の体に触れた時、少し熱いかな?

と思ったなら病院へ行く前に一度自分で測ってみましょう。

 

しかし、その場合は平均体温を知っておかないと意味がありません。

 

ですから、普段から自分の犬の平均体温を把握しいた方が良いですね。

動物病院で獣医さんが測ってくれた時、聞いておくのもいいかもしれませんね。

 

発熱している時に考えられる病気は様々です。

 

また、41度をこえると脱水症状をおこし、

命にかかわることもあるため一刻も早く病院に連れて行かなくてはいけません。

 

犬は言葉で

 

「体調が悪いよ〜」

 

とは教えてくれないだけじゃなく、

体調が悪いことを我慢して隠そうとします。

 

けなげですけど、困るところですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。