犬が玉ねぎを食べたらどんな症状がでる?!

この記事は2分で読めます

image

犬には厳禁だと言われている玉ねぎですが、どれくらい食べれば危ないのか?

また、

どのような症状が出るのか?

 

あまり知らないという方もいらっしゃると思います。

その辺りを調べて書いてみました。

 

 

 

どのくらいの量食べたら危険?

image

 

 

どのくらいの量食べたら症状が出るのかは、

前にも書きましたが、品種や個体によって異なります。

 

 

ちょっと食べただけで症状が出る犬もいれば、

毎日食べてても症状が出ない(なんともない)という犬もいます。

 

 

一般的に言われているのは、

少量食べた程度ならあまり問題になることはなく、

一度に多量食べてしまった場合に危険ということのようです。

 

玉ねぎの摂取量と体重に相関関係は明確になってはいないようですが、

 

体重1kgに対して玉ねぎ20g、

5kgの場合は100g、

10kgの場合は200g

 

の摂取が危険という意見もあります。

 

 

 

どんな形状の玉ねぎがだめなの?

image

 

 

玉ねぎは生であっても加熱したものであっても、与えないようにしましょう。

 

これも前にも書きましたが、

加熱、非加熱は、関係ないのです。

 

 

特に注意しなければいけないのは、

カレーや肉じゃが、味噌汁、ハンバーグなどの料理に玉ねぎが入っているだけで、

成分が流れ出てしまいます。

 

その汁を飲んだりしても危険といわれていますので、注意してください。

 

 

 

食べたらどんな症状が出るの?

 

 

犬が玉ねぎ中毒を起こした場合、症状としてはよく知られているのは貧血です。

 

でもその他にも

黄疸、痙攣、尿が変色、嘔吐、下痢、便の色の異常、

頻脈、目の結膜が白くなる、食欲不振、元気がなくなるなどの症状が出ることがあります。

 

また、慢性症状として肝機能の低下がみられるようです。

 

 

 

まとめ

 

 

症状は、嘔吐などはすぐに出る場合が多いのですが、

玉ねぎ中毒の症状はいきなり出るというものではありません。

 

知らない間に愛犬が玉ねぎを食べてしまっていたら、

玉ねぎが原因で症状が出ているのだとは、気づかない場合も良く見られます。

 

上記のような症状が見られたら、すぐに病気に連れて行き、診てもらいましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。