盲導犬の引退してから引き取りまでの人生

この記事は3分で読めます

image

盲導犬は死ぬまで盲導犬をしているのではなく、

だいたい10才前後で引退します。

 

引退した盲導犬は、ボランティアの家庭や老犬ホームまたは、

パピーウォーカー宅にて余生を過ごします。

 

中でも今回は引退した犬の世話をしたいと申し出て下さっている

引退犬飼育ボランティアについて書いてみたいと思います。

 

 

 

引退犬飼育ボランティアとは?

image

 

 

10歳前後になると盲導犬たちは訓練所に返されて、

訓練所の施設や老犬ホームで、静かでのんびりした余生を過ごしています。

 

犬の10歳は老犬ですから遅かれ早かれ病気になります。

 

 

そんな引退犬を飼育するために、引き取りやがて病気になった犬を、

真の愛情を持って介護し、そして看取るのが引退犬ボランティアです。

 

人間を支え続けてきた盲導犬に心から

「ありがとう」「ご苦労さまでした」と言える人、

そして命の尊さが分かる人でなければなりません。

 

 

 

引退犬飼育ボランティアになるための基本条件

image

 

 

 

室内飼育ができること

 

 

盲導犬ユーザーが犬と暮らす環境は室内です。

 

子犬の頃より室内で飼育し、

屋内でのマナーや社会性も身につけられるように育られています。

 

ですから、犬たちは室外で飼育される準備が出来ていません。

 

家の中で飼育されない場合は、

疎外感による欲求不満やストレスを受け、問題行動を起こすことも予測されます。

 

そのため、室内飼育が、条件となります。

 

 

 

留守がちではないこと

 

 

家族の一員となる盲導犬たちは、

人の側にいることが大好きです。

人といることでとても安心するのです。

 

 

留守にすることが多いケースや、

半日以上家に誰もいない生活スタイルのご家庭は犬にとって安心できる環境ではありません。

 

また、単身でお住まいの方は不可となります。

誰かしら犬の側にいてあげられるということが、条件となります。

 

その他には、飼育費・医療費・介護費を負担出来ることと、

引退犬が死亡した場合、何らかの形で供養ができることなどです。

 

 

 

登録方法および犬の引取りまで

image

 

 

1、引退犬飼育ボランティア登録申込書を日本盲導犬協会に記入提出します。

 

申込書には次のような項目があります。

 

 

⚫︎家族構成

⚫︎家族について

⚫︎希望理由

⚫︎飼育環境について

⚫︎希望犬種、性別、毛色など

(ただし、希望どおりではないことも承知しておきましょう)

 

 

日本盲導犬協会で、ご家族との相性や条件によって犬とのマッチングをします。

そのたも、申し込み後すぐには 犬を引き取れません。

 

 

 

2、委託日より約1ヵ月前までには委託決定のご連絡がきます。

 

委託式の日程や詳細については書面、電話、メールのいずれかにて連絡されます。

 

 

 

3、日本盲導犬協会で犬と面会します。

 

相性が合えば当日ご自宅に連れて帰ります。

ご家族で検討後、後日お迎えに行くこともできます。

また、連れて帰る場合は自動車に限ります。

 

 

4、2週間のお試し預け期間があり、期間終了後に正式に、飼育委託契約をします。

 

 

 

まとめ

 

 

世間の人々は

「引退犬=老犬=世話が大変」と言うようなイメージを持っている方も多いようです。

 

たしかに、余生は短くて、看取ってあげる日は、すぐにやってくるかもしれません。

医療費の負担も多いでしょう。

 

 

でも、盲導犬は、健康管理をしっかりされていたお陰で、寿命はかなり長いです。

また引退犬ボランティアの方は、皆口をそろえて言います。

 

あかたぐか

「この子達と暮らしていて楽しいことや嬉しいことが沢山ありました。

一緒に暮らせてよかった。」と。

 

これが、本心だと思います。

 

人のために一生懸命働いてきた盲導犬たちは、

引退後には沢山の愛情を受けて、沢山の素敵な思い出を、残していってくれるのだと、

私も思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。