ハーネスの犬へのつけ方は?

この記事は3分で読めます

image

今は結構、首輪よりハーネスをして、

散歩をしている犬を見かけることが増えましたね。

 

首輪は、”いけないこと”や”しつけ””、

飼い主の指示”を伝えやすいものです。

 

ハーネスは、犬を縛り付けるという意味合いではなく、

犬や周りの人間にも安全であるという意味が込められています。

 

そんなハーネスについて書いてみました。

 

 

 

ハーネスのメリットとデメリット

 

 

メリット

 

 

犬にとって首は、

 

”急所”

また

”母犬が子犬をしつけをするときにつかう場所”

 

でもあります。

 

 

ですから、首に何かをつけることを嫌がったりしますが、

首輪と違いハーネスは胴周りにつけるタイプなので、嫌がる事があまりありません。

 

また、呼吸にも負荷がかかりません。

 

 

危険を回避する時に、

急にハーネスを引っ張ったとしても、

首輪と違って衝撃が分散されるため、体に大きな負担をかけることがないのです。

 

ご存じの通り、椎間板ヘルニアになりやすい犬種がいます。

 

代表的なのはダックスフントですが、

そういった犬には首輪を使って、

脊髄をいためるといけないので、ハーネスの方が良いですね。

 

とにかく、首輪より安全性が高いといえるでしょう。

 

 

 

デメリット

 

散歩などでグイグイ引っ張ってしまう犬に対しては、

向いてはいません。

 

すぐに、外でのしつけは、難しいので、

自宅内でハーネスをつけた状態で、しつけをしてから利用しましょう。

 

リーダーウォーク(飼い主の方の横にならんで、

飼い主が止まれば犬も止まるという歩き方)ができるように、しつけるのです。

 

関連記事:犬の散歩はしつけから!

 

 

抑制がかけにくい分結構大変ですが、根気よくしつければできるようになります。

 

 

 

ハーネスの選び方

image

 

 

ハーネスにもいろんな種類があります。

どの種類を選ぶかも大切です。

 

洋服タイプや、太めの紐タイプや細めの紐タイプなどがあります。

 

どれを選ぶにしろ、体型に合っているという事が重要

 

です。

 

 

サイズが合っていないと、抜けてしまったり、

締め付けすぎてしまったりして、犬はとても嫌がってしまいます。

 

1番いいのは、サイズが調節できるタイプですね。

 

サイズを微調節しながらしっかりと体型に合わせましょう。

その点では、洋服タイプは、抜ける事もなく良いですね。

 

 

 

ハーネスのつけ方

image

 

 

ハーネスを床に広げて、安心させるために、

ハーネスをつける前には胸のあたりを2、3回なでてあげます。

 

そして、犬の胴体を優しく抱き上げてハーネスの足部分に、両前足をのせます。

 

その後、ハーネスを胴体に回してしっかりと固定します。

足の部分に指一本ほどの余裕を持たせるのが丁度くらいです。

 

 

また、留め具をきっちり留めることを忘れないようにしましょう。

 

嫌がりがひどい犬の場合は、高い台の上に乗せて行うのが良いですね。

犬は高い場所に乗せると自然と落ち着くのです。

 

 

無造作に犬の真正面から近づいて、犬の上にかがみこみ、つけるようなこと

は、決してしないで下さい。

 

犬が不安感と恐怖感からハーネス嫌いになってしまいます。

 

 

 

まとめ

 

 

 

首輪だと苦しそうでかわいそう、という理由だけで、

ハーネスを利用している飼い主の方が多いようですが、

それだけでは、引っ張り癖がついてしまいがちです。

 

 

引っ張り癖がつかないようにしつけてから、ハーネスは利用しましょう。

 

 

うちの子は怖がりなんだか、甘えん坊なんだか、私の足元が大好きです。

ですから、散歩の時もほとんど側にいます。(笑)

 

そんな子なら、しつけなしでも大丈夫です。

 

子犬のうちは首輪で、

リーダーウォークをしっかりと身につけてからハーネスに変えてあげるのも、良いですね。

 

ハーネスの方がきっと犬たちは快適ですから‥‥。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。