犬は散歩好き、散歩中座り込むなんてあり得ないとは限らない‼︎

この記事は2分で読めます

image

 

犬と言うと散歩に行くものだ、
犬は散歩が大好きだ、
というイメージをお持ちの方も少なくはないと思います。

 

でも、そうとは言い切れません。

犬でも散歩が嫌いだったり、散歩中に座り込んでしまう場合もあるのです。

 

特異なことだとは、捉えない
ようにして欲しいと思います。

 

原因は意外と身近なところにあります。
対処法もちゃんとあります。

参考にしてみて下さい。

 

[mokuji_108]

 

まずは子犬の頃の散歩デビューが大切

image

 

子犬の内から散歩デビューをはたしていないと、
いざ成犬になった時に散歩中、
座り込む犬に、なってしまいがちです。

 

散歩などの外出は、犬にとっては、大切なことです。

健康維持のための運動のためにも、外の世界を知るためにも、
飼い主以外の人、他の犬、
などとの付き合い方を身につける
学習のためにも、
散歩は必要なトレーニングのひとつと言えます。

 

 

ちゃんと子犬の頃から散歩の習慣をつけましょう。

その時には、疲れない程度の距離、怖がらない場所を選ぶことも大切なことです。

 

安全な場所に慣れてきたら、
徐々に場所を移動し、
距離も増やしていって下さい。

 

 

散歩で座り込む原因となりやすいのは?

image

 

特に小型犬は臆病な性格の場合が多いために、
物音などに敏感です。

 

いつも気を張っているような性格の場合だと外の刺激は普通の犬よりも大きく感じてしまいます。

外に出ることにより、
多少怯えたからと言って、
すぐに抱っこをしたり、
バッグに入れたりするのは止めましょう。

 

小型犬は特に、小さなバッグにでも入ってしまえるサイズです。

連れ回す時は必ずバッグに入れている方も目にしますが、
ケガをや病気、
または乗り物(電車など)に乗る場合以外には犬をバックに入れる必要はありません。

 

また、散歩中に突然歩かなくなってすわりこんでしまった時に、
仕方ないからと抱っこしてしまうのも良くありません。

わがままを許していては、埒(らち)があきません。

 

つまらない癖はすぐについてしまうのです。

 

 

座り込んでしまったときすべきことは?

image

 

前に引っ張らずに、後ろに引っ張って下さい。

 

座り込んでいる犬も、そうすれば不思議に、自然と足が浮いて立ち上がりがちです。

そして、立ち上がったらすぐに前にリードを引きましょう。

 

ですが、そこでも諦めない犬が居ます。

そんな場合は、同じことを繰り返しましょう。

 

子犬の頃の散歩デビューがうまくいってなくても改善の余地はいくらでもあります

 

犬は人が思っている以上に、
繰り返せば覚えてくれる賢さを備えているのです。

 

危ない場所(例えば車道の真ん中)などに座り込んでしまった場合は、おもちゃなどで、危なくない場所まで誘導しましょう。

危ない目に合えば、またさらに座り込みを助長してしまいます。

 

座り込んでいない時には、
真っ直ぐ進むばかりではなく、
横に曲がったり、
別方向に行くのも効果的
です。

変化があれば座り込み癖も治っていく可能性があります。

 

 

まとめ

 

・座り込みを防ぐために、大切なことはたくさんあります。
・とにかく前に前にと引っ張らないで下さい。
・そしてすぐに抱っこをしないで下さい。
・散歩のコースや時間は毎日変えるようにしてあげて下さい。
・座り込み癖ではなく、本当に疲れている時だってあります。

 

そんな状態だと理解できる飼主になってあげてください。

そしてそんな時は、気長に一緒に休憩を挟んで、
携帯用の水入れなどを持参し、
水を与えたりしてあげれば、
より一層信頼感が深まるはずです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。