犬は歯がかゆいと何故噛んでくる?

この記事は3分で読めます

image

子犬の時期で

 

歯が生えてくるときには歯茎がかゆいと感じます。

 

この歯がかゆくなる時期に甘噛みをする子犬が増えます。

 

でも甘噛みは歯が生え変わるからかゆいだけではありません。

甘噛みはしつけの大切なテーマでもあります。

 

そのあたりのことを書いてみました。

 

 

 

かゆいだけで甘噛みするわけではない?!

image

 

 

甘噛みは本能的なものです。

 

もっといえば狩猟本能なのです。

 

 

子犬であれ、狩猟本能の働きで常に何かを噛もうとします。

 

一時的に保護していずれ野生に返すような動物なら話は別ですが

人間社会で生きるためには狩猟本能は必要のないものです。

 

 

またストレスが原因の場合もあります。

 

何か犬がストレスを抱えていて、

そのストレスによって甘噛みが発生しているのかもしれません。

 

犬が何かストレスを抱えていないかどうか、しっかりと見てあげましょう。

 

 

甘噛みのひどい子犬が、しつけをしてもなかなか治らないので、

ストレスの原因を解消してみたところ、甘噛みをしなくなったという例もあるそうです。

 

ストレスは大きく影響を与えている可能性はあります。

 

 

また、もう一つ、犬にとっては、実は「噛むこと」も愛情表現の一つなのです。

 

噛むことが犬にとっては愛情表現の一つであっても、

人間と共存していく場合、犬の噛み癖は危険行為ですので、

飼い主は責任を持ってしつけなければなりません。

 

 

ですので、乳歯から永久歯に生え変わるときに、

かゆくて人間にじゃれて噛んだりしますが、ここでしっかりとしつけをしないと、

そのまま噛み癖が付いてしまいます。

 

 

 

噛まないしつけとは?

image

 

 

じゃれて噛んできたら、それが強かったら

「イタイ」「ダメ」と低い声で言って「痛い」ことを犬に伝えます。

 

理想は、子犬の時から多くの人に接してもらって、

人間から「人に噛みつくことは悪いこと」と覚えさせることです。

 

こうすると、人間とも信頼関係を結びながら噛み癖のしつけが自然にできるようになります。

 

 

成犬になってからでも噛み癖はしつけで直すことはできます。

 

噛み癖を直すためのしつけの方法は、

子犬の甘噛みのしつけ法と基本的には同じです。

 

最初の段階では、噛みつかれると「痛い」ということを犬に分からせることから始めます。

 

 

そして、おもちゃ、タオルを引っ張り合いして、物をかませる習慣をつけます。

 

「決められた物は噛んでもよくて、人や家具を噛んではいけない」

ことをわからせることが大切です。

 

子犬の場合、乳歯から永久歯に変わるときは、

歯がかゆくて、どうしても噛んでしまいがちです。

 

こういうときは、

犬用のガムやおもちゃを与えて、噛み癖が付かないように、しつけをしていきます。

 

 

家具や電気コード、また食べてはいけないものは、逐一、

「噛んでは駄目」ということを必ずしつけましょう。

 

おかしな物を噛んで食べてしまうと、

胃の中に異物が刺さってしまい手術に至るケースもあります。

 

また犬が噛みつきそうな物は、最初は届かない所に置くようにする方がよいでしょう。

 

 

 

どの理由でも共通して言えること

image

 

 

歯がかゆいにしろ、本能によるものにしろ、ストレス性の場合にしろ、

何かをとりあえず噛みたいと犬は思っています。

 

ですから、とにかく噛ませでもよい大好きなおもちゃを与えてあげます。

 

 

人間の赤ちゃんが歯のはえかわりに、

かゆくて何でも噛んでしまうので与える歯固めのようなものです。

 

噛ませる大好きなおもちゃが見つかったらあとは簡単です。

そのおもちゃ以外は噛ませない事を徹底すればいいのです。

 

 

噛んでいいものはそれだという事を理解させる必要があります。

ダメなものを噛もうとしたら噛む前におもちゃを口の近くに持って行き噛ませます。

 

根気強く、噛んでいいおもちゃを分からせましょう。

とにかく根気よく、あきらめずに続けてください。

 

 

 

まとめ

 

 

大人になってからでも噛み癖を直すことは可能ですが、

より根気よく行わなければ噛み癖を直すことが難しいです。

 

ですから、小さいうちに出来れば噛み癖は直しましょう。

 

噛み癖は、怪我や事故につながる問題行動ですので、

飼い主の方が責任を持って犬の為にしつけるべきことです。

 

何かあった後では、手遅れになりますよ。

噛み癖を治すわけなのでまずは噛ませないことが非常に重要です。

 

ただし噛むという行為がすべて悪いわけではないということも

教えていかなければいけないですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。