犬の歯がぐらぐらしている場合には、要注意!!

この記事は3分で読めます

image

愛犬の歯がぐらぐらしているのを見つけた飼い主の方、

きっといらっしゃると思います。

 

犬の歯にぐらぐらが生じるのは、

歯周病が原因の場合が多く、ほとんどは歯肉炎あるいは歯周炎で、

疫学的には3歳以上の犬の60〜80%は歯周病だといわれるほど多い病気なのです。

 

歯肉炎は文字通り歯肉の炎症ですが、その状態が続くことで歯周炎に進行していきます。

 

 

また、歯周病は歯の問題だけではなく、

全身の内臓に影響を与えることもありますから要注意です。

 

そこで、歯周病について書いてみました。

 

 

 

なぜ歯の問題を抱えている犬が多いのでしょう

image

 

 

歯の問題を抱えている犬が多いのは、ずばり歯のケアが出来ていないからです。

 

プラーク(歯垢)によって起こる病気ですが、

口腔内を不潔にしていると、プラーク中の細菌が繁殖し、炎症を起こします。

 

特に、小型犬では歯と歯の間が狭いためプラークが溜り、歯周病になりやすいです。

 

 

人の場合は、自分で歯を磨くことが出来ますが、

犬の場合は飼い主の方がケアをしてあげないといけません。

 

日々、歯磨きをして口腔内を常にきれいにしておくことで

歯周病を予防することが出来ます。

 

ただ歯磨きがうまく出来ない犬の場合、

プラークコントロールが出来ないために歯周病が進行しやすい傾向にあります。

 

犬がまだ小さい頃から、嫌がらないように慣らしていくことが大切です。

 

 

 

歯周病とは?

image

 

 

歯周病は、歯肉炎と歯周炎に分けられます。

 

 

歯肉炎

 

歯肉の炎症による出血、腫れが特徴です。

歯肉周辺に付着したプラークにより引き起こされます。

この状態であれば、的確な初期治療で完全に治癒します。

 

しかし、放置すると歯周炎に進行してしまいます。

 

 

歯周炎

 

歯肉炎から歯周炎に進行すると考えられています。

歯周炎になると、歯周組織が徐々に破壊されます。

 

歯肉に炎症がみられることはいうまでもありませんが、

歯と歯周組織を連結している付着機構が壊れ、次第に歯槽骨も吸収します。

 

歯肉ポケットは、歯周ポケットとなり、

歯周病の原因となる細菌がすむのに格好の環境が形成されます。

 

歯肉が腫れたり、膿がでたりと強い痛みがあります。

処置が遅れると最終的には歯を抜かなくてはいけなくなります。

 

 

また、歯周炎は歯槽膿漏に進行する事が多いです。

こんな症状がみられたら要注意です。

 

 

⚫︎歯茎の赤み

⚫︎口が臭い(腐敗臭)

⚫︎歯茎からの出血

⚫︎歯がぐらぐらする

⚫︎歯が長くなったように見える

⚫︎食べるのが遅い

⚫︎嘔吐(尿毒症による)

⚫︎鼻水、くしゃみ

⚫︎顔が腫れている

 

などです。

 

 

 

犬の歯周病の主な治療法

image

歯石の除去

 

 

歯の表面でプラークが硬く石灰化した歯石を除去して、

炎症の大元取り除きます。

 

麻酔を掛けずに行うと犬が暴れて怪我をしたり、

治療効果自体が中途半端になってしまうため、多くの場合、

 

全身麻酔をした上で、獣医さんが、金属器具や超音波などで歯石はがしを行います。

 

まだ軽度の場合、またおとなしい犬の場合は、無麻酔でも行っています。

 

 

 

研磨とコーティング

 

歯石の土台を完全に取り去るために、

研磨を行い歯石の再付着を遅らせるためコーティングします。

 

 

 

抜歯

 

歯があまりにもぐらぐらしている場合には、

肝心のブラッシングなどのケアすら、しっかりとできません。

 

ですから、全身麻酔により抜歯を行います。

 

 

 

接着

 

歯の支持組織を再生・安定させるために、

またブラッシングに耐えられるようにするために、

 

ぐらぐらした歯は隣接した無事な歯と接着により、固定します。

 

 

また、上記の処置と同時に食習慣の改善も行います。

 

やわらかくて歯の間に残りやすいウェットフードばかり与えている場合、

もう少し固いものに切り替えます。

 

これは、そしゃく回数を増やすことで唾液の量を増やし、

歯の表面に付着した菌膜を洗い流す効果を高めるためです。

 

 

 

まとめ

 

 

歯肉炎といっても、いろんな病気を併発する場合もあり、

大変危険です。

 

副鼻腔炎、心臓、腎臓、肝臓、肺への悪影響など症状がでたら、

重度の歯周病を患っている可能性があります。

 

この機会に愛犬のお口の中をぜひ確認してみてください。

 

 

こまめに歯みがきをすることが歯石や歯周病予防の第一歩です。

すでに歯石が付いてしまっている場合や、

炎症が見られる場合は早めに獣医師にご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。