犬のノミには飲み薬が、メリットが多い!!

この記事は3分で読めます

image

どんなに気をつけていても、

いつの間にか愛犬にノミが寄生していたりしませんか?

 

 

こまめにシャンプーやブラッシングをしていても、

草むらを歩いたり他の動物と接触することで虫を貰ってくる可能性が高いので、

ノミ駆除薬を使って定期的に予防してあげる必要があります。

 

 

ノミ駆除のお薬には様々な種類がありますが、

今回は中でも飲み薬について書いてみました。

 

飲み薬の方が効果が高そうだなと期待する反面、

飲み薬は愛犬の体の中に入れないといけない、しかも初めて使う場合には心配だし、

 

「本当に安全性が高いの?」

 

と思われる方も多いと思います。

そんな方は、是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

ピペットタイプが合わない子には?

image

 

 

ノミ駆除のお薬は、

スポイド内の中の薬を皮膚に直接垂らすピペットタイプが一般的です。

 

皮膚が弱い犬や神経質な性格で滴下した後調子が悪くなってしまうような犬の場合には、

飲み薬ががおすすめです。

 

ピペットタイプのお薬を嫌がる犬にとっても、

飼い主の方にとっても、お互いの負担が最小限で済みます。

 

 

また、最近ではピペットタイプの中でも代表的なフロントラインに対して、

耐性を持つノミが出現してきているようです。

 

 

しかし、飲み薬の成分はフロントラインなどの成分と違うため、

また内服薬なので耐性をもったノミに対しても有効的に作用してくれます

 

 

 

飲み薬のメリットは?

image

 

 

飲み薬を使う一番の目的は、ノミを駆除することですが、

ノミに対する効き目以外に特筆すべき点が幾つかあります。

 

 

まずは、

飲み薬ならではのメリットです。

 

 

即効性がある

 

 

効き目の現れ方が最速で、

投与後30分でノミが落ち始め、4時間でほぼ100%のノミが駆除される

速やかな駆除効果があります。

 

 

 

持続性がある

 

 

約1 ヵ月間の持続的なノミ駆除があります。

 

また、マダニについては多数の寄生でも高い駆除効果が確認されています。

 

 

 

全身に広がる

 

 

スポット剤では駆除しにくい

眼の周りや鼻先、指の間などに寄生したノミもしっかり効きます。

 

 

 

体の中から薬が届く

 

 

飲ませることで効くので、

皮膚に薬液を滴下するノミ薬のように投与を気にする必要も無く、

いつでもシャンプーや水浴びをすることが可能です。

 

また、皮膚へのダメージなどもありません。

 

 

 

体表に薬剤が残らない

 

スポットタイプのノミ薬のように、

薬液の液だれや被毛へのべたつき、人への薬液の付着がありません。

 

 

 

 

飲み薬の注意点は?

image

 

 

副作用などは飲み薬を投与した個体全てに見られるわけではありませんが、

投与後に犬が薬を吐き戻したりしていないか十分に注意してあげてください。

 

 

ちゃんと薬が飲まれていないとノミの駆除が不完全になることもあります。

 

投与一時間以内に嘔吐した場合は、獣医師の判断により再投与を検討しましょう。

 

 

 

また、

14週齢(3か月半)未満の子犬や体重が2.3kgに満たない犬には投与しないでください。

 

投与前には健康状態について確認することも大切なことです。

 

 

てんかんの既往症のある犬には、

素因および他の因子も含めて因果関係は不明ですが、

投薬後にてんかん様発作が認められた報告があります。

 

 

 

代表的な飲み薬は?

image

 

 

最近CMでもよく目にする

「ごほうびにもなるノミ駆除薬」おいしいソフトチュアブルタイプのネクスガード

1番お勧めです。

 

 

ネクスガードは、ワンちゃんが食べやすいソフトチュアブルタイプのノミ駆除薬です。

 

植物由来(大豆)かつ牛肉風味の経口剤で、多くのワンちゃんが喜んで食べます。

 

 

 

image

 

 

次にコンフォティス錠です。

 

こちらは錠剤タイプのお薬です。

主成分は、スピサノドという天然の土壌に存在する微生物の発酵によって作られたものものです。

 

 

こちらも、餌に混ぜたり、おやつに混ぜたりすればすんなりと飲んでくれます。

 

 

 

まとめ

 

 

飲み薬で駆除することで、ノミの成長を阻害し、子孫を残さない、

 

という点は、本当にありがたいです。

 

 

また、うちの子はどちらのタイプでも、まるでおやつかのように喜んで飲んでくれます。

 

その点も手軽でうれしいですよね。

ただし、くれぐれも用量、用法をしっかりと守って与えて下さい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。